Welcome!

シンガポールの素顔

1年以上

エイズには厳しいけどヘイズには寛容な

シンガポール?から、おはようございます。



とうとうブログ更新のサボり癖が

ついてきたような気がするXinです。



先月は書けない事や、書きたくない事が、

色々とあったので放置していました。



ま、そのネタはスキップするか、

後ほど書くとして今回はヘイズネタを

取り扱おうと思います。



当ブログを読んでくれている人で、

ヘイズを知らない人なんて殆どいない

と思うけど、小学生でも分かるように

くどくどヘイズを説明していきます。



ヘイズとは



インドネシアの島が焼けてその煙がやってくる大気汚染。毎年4月~10月はインドネシアでほとんど雨が降りません。だから、煙がシンガポールやマレーシアのクアラルンプールにやってくる。

大気汚染度の度合いはPSI(Pollutant Standards Index=大気汚染指数)という数値で表される。

〔PSIの度合い〕
・0  ~50︰ええ感じ
・50~100:ちょっとあかん
・101~200︰あかん
・201~300:めっさあかん
・301~︰死ぬほどあかん



ヘイズの歴史

最近になって問題視されるようになったように思えるけど、ヘイズ問題は40年前ほどからある。もっとも昔の報告と思われるのは1972年の10月。インドネシアのスマトラ島の都市、パレンバンが燃えて煙がシンガポールとマレーシアにやってきた。



画像引用元:http://www.straitstimes.com/singapore/environment/haze-in-singapore-a-problem-dating-back-40-years-

その後、観測史上で一番最悪だった数値は1997年9月のPSI=226。その記録が2013年の6月の記録PSI=401に塗り替えられて、一気にシンガポールのヘイズが脚光を浴びる。ここいらでヘイズスター、シンガポールの誕生したと感じる。

2014年も「ヘイズだぞ!」と言われていたような気がするけど、それほど気になるレベルでもなかったと思う。

だけど2015年は酷いですね。今のところ2015年の最悪の数値は9月25日のPSI=321だとか。しかも長く、しつこ過ぎる。シンガポールのストーカーみたいだ。



ヘイズを知ったらヘイズにならない?

シンガポール政府はヘイズに止めるべく、インドネシア政府にアプローチした。


シンガ「いつでも手伝いすんで!」

ネシア「・・・・」

シンガ「シカト決め込むなや┌(_Д_┌ )┐」

ネシア「ヘイズの問題はそんなに単純ちゃうねん。」

シンガ「じゃあそれを知る機会を作ってくれ。」

ごにゃごにゃ揉めた挙句・・・

ネシア「自分たちの力で十分、なんとかする。」

シンガ「(もう、ええ加減にしてほしいわ)」


グーグル先生によれば、インドネシアの問題地域のPSIは2,000だとか。「シンガポール軍が先導を切ってその地域に水をばら撒けば多少はヘイズが緩和されるのでは?」とは思うけど、シンガとネシアどっちともつかないやりとりが、ずるずる続いている状態。



最近実感したこと

正直ヘイズがやってきたとしても

「シンガポールで雨が降れば消えるもの」

だと思い込んでいた。



「ヘイズよ!雨にも負けず、風にのせられ

よくもシンガポールまでやってきたな」

と最近までは思っていた。



だけど、雨が降りつつもヘイズまみれの

シンガポールの最近の光景を見て思った。

「こりゃあ、やっぱ深刻だわ!」だと。



本日のPSI



本日の早朝のPSI。昨日と比較的して空は透き通っているように見える。だけど、未だどの地域も余裕で100を超えている状態。

この状態は10月一杯続くとかグーグル先生が言ってけど、勘弁してほしいな。

モクれば、モクるほど、シンガポールとインドネシアの関係も悪化しそうだし。ヘイズは想像以上に厄介だ。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

どうも、最近ブログの更新頻度が

異常に少なくなってきたXinです。



今の生活がマンネリ化してきて、

環境を変えたいと思う今日このごろ。

正直バーンアウト気味だと思います。



ふとネットサーフィンをしていると、

「世界一住みやすい国ランキング」

みたいなのに行き着いて驚いたので、

今回はそのランキングをシェアします。
(2015年度版です)



調査主はインターネーションズという

世界の外国人居住者が使っているらしい

SNSを運営する会社?





ちと偏りのあるランキングですが、

10位~1位まで公開していきます。
(個人的な感想も書いていくよ)



10位 韓国

最近シンガポールでも台湾でも、K-POPなどを中心に脚光を浴びてきている日本のお隣の国ですね。随分昔に釜山旅行に行ったことがありますが、ご飯は美味しかったです。英語は伝わなかったですが、観光ではカタコト日本語が通じたりします。



9位 ドイツ

言わずと知れたユーロを牽引するヨーロッパの優等生。訪れたことはないですが、最近は80億人もの難民の受け入れを表明したりと、好感度大のお国でございます。ちなみに、ドイツのサウナは「全裸で混浴」が基本らしいです。来世はドイツ人男として生まれたいぜ(笑)



位 チェコ

情報不足につきノーコメントで。「プラハの春」くらいしかしりません。



7位 日本

安倍ちゃんが多分頑張っている国。SEALDsの奥田さんが殺害予告されたらしいですね。人殺しはいかん。背景や理由はどうあれ、若い人が、就職できなくなるかもというデメリットを覚悟の上で、お上に対して立ち上がったのは素晴らしいことだと思います。安倍ちゃんも頑張れ(どっち応援してるのか分からないですねww)



6位 スペイン

最も好きなヨーロッパの国の一つ。スペイン語を独学してた時期もあったくらい(今は全部忘れた)。特にバルセロナは世界中の長期旅行者から大人気です。旅行して外国人旅行者に会う度に口頭で確認しました。みんなバルセロナが大好きなのさ。



5位 ポルトガル

EUのお荷物、ブラジル人が喋る言語を喋るヨーロッパの国ぐらいなイメージしかないですが、素敵な国らしいです。物価は安いらしいですね。



位 スイス

豊かな大自然に囲まれた裕福な国。地域毎に使われる言語が全く違うので、国民は皆マルチリンガル?誰もが憧れる国の一つだと思います。「永世中立国」としても有名ですね。なぜ小さい国でありながら、昔から「永世中立国」を唱えられたのか?それは、どこの国に攻め込まれても絶対に負けないくらい、スイス軍が強いから・・・と高校生の時に通っていた予備校の世界史の先生が言っていました。



3位 エクアドル

正直かなり意外な結果です。南米の真ん中らへんにある国です。裕福な国ではないけど、国民の幸福度が高いんだとか。インドネシアやベトナムと似ていますね。以前「エクアドルにスペイン語留学に出かけるかな?」と考えていたことがあったので、エクアドルについては少し調べたことがあります。非常になまりのあるスペイン語が話される国。住宅を建てたら固定資産税などの維持費はまったく掛からない。等々、変な事ばかり覚えています。物価については、最近ありえない程急上昇しているらしいですね。



2位 オーストリア

・オーストラリアじゃなくてオーストリアです。缶ビールが100円以下。めちゃめちゃビールが安いというイメージしかないですが、なんか最近ビジネスビザが緩和されて起業し易くなったとかいう噂を聞きました。てな訳で、ヨーロッパ旅行バージンの自分にとって、ヨーロッパに行く際はまずこの国から訪れようと思っています(笑)



1位 シンガポール

「だから敢えてこのブログで取り上げたのさ」と言わんばかりな感じですが、あんまり実感が沸かないですね。この結果自体あくまで或るSNSを運営する会社が調べたことなので、信憑性にも掛けますが、やっぱり生活はし易いです。ポイントは中国語と英語の両方が通じること、治安の良さ、税金の安さ、後はインフラだと思います。夜中に女性がゲイランを歩いていても、全然危なくないですし(稀にひったくりとかはあるらしいけど)、気候も素晴らしく安定している・・・・・



が、最近はヘイズでヤバいですね。こんなドラゴンが出てきて欲しいくらい。



(アプリ「SGAG」より引用)



これがソースです。

http://www.independent.co.uk/travel/singapore-is-the-best-place-in-the-world-if-you-want-to-move-ab



2016年度版はヘイズにつき、

シンガポールが1位から離脱しそうな

予感がしてなりません。



エクアドルが一位になったら

おもしろそうですね。



とにかくランキングの結果よりも、

インターネーションズというSNSの方が

気になるので、気が向いたら登録します。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上
今年の中秋節(中秋の名月)は9月27日。

つまり、本日がそれに当たります。



中秋節(中秋の名月)

お家の人たちと一緒に過ごす日。この日は、お庭にお供え物をして、月餅や果物などをほおばり、お祈りします。

若い人は、月明かりで踊ったりして恋人を見つけ楽しむらしいですが、シンガポールにて月明かりで踊ると「なんかあいつ、頭おかしいんじゃね?」と思われるので、踊りたい場合は、ちゃんとクラブに行きましょう。恋人探しの場合は、月明かりは我慢しましょう。



中秋節(中秋の名月)の由来(神話)

昔々、空には太陽が10個もありました。凄く暑くて作物は枯れ、川も干し上がり、人々は困りました。

そこで現れた救世主がゲイ(gay)。弓の名手であるゲイは9個も太陽を撃ち落としました。イケメンに違いない。

怯えた残り1つの太陽は「早朝にのぼり、夕方に沈め」というゲイの命令に大人しく従い、現在のような理想的な気候になったわけです。

その後、ゲイは奥さん(ちゃんと女性です)と仲睦まじく暮らしたのですが、ある時ひょんな事から不死の薬を手に入れてしまいました。

ゲイはその薬の保管を奥さんに頼みましたが、なんと奥さんはその薬を飲んでしまいました(そりゃ飲むわな)。しかし、なんとも摩訶不思議。薬を飲んだ奥さんは、月にあるという宮殿「広寒宮」へ誘拐されてしまいました。

猟から戻ってきたゲイは泣きました。誰が教えたのかは定かではありませんが、奥さんが月に行ってしまったと聞いたからです。ゲイは、お庭にテーブルを置いて、奥さんが好きな果物を供えました。

それを見た人々もゲイに右倣え(日本人かよ?とツッコみたくなるね)。みんなお庭にテーブルを置いて果物を供えるようになりました。ゲイの奥さんを記念するために。

ちなみに、ゲイの名前の綴りが「gay」であったかどうかは、定かではありません。



正直今まで、「中秋節=月餅食べる日」

ぐらいの認識しかなかったので、

調べて脚色して書いてみました。
(どれも小難しく書かれてたので・・・)



チャイナタウンの中秋節ライトアップ

毎年この時期になるとシンガポールのチャイナタウンでランタンがライトアップされます。今年はマーライオンもいました。







マーライオンの後ろ姿





提灯





SG50







かき氷





裏手





月餅(SGD2.00でした)





ゲイの奥さん嫦娥



画像引用元︰ウィキペディア

元々は中国神話の仙女だったそうで、人間界に降りてきた時に不死になったらしい。そこでゲイの持っていた不死の薬を盗み飲んで、月に逃げたとか。道教では月神として崇め奉られているらしい。



個人的な感想

嫦娥。かなり身勝手な人(神様?)だと思う。未だにこんな風に、お祝いされているのが腑に落ちない。

でも、神様なんてこんなもんだよね。特にギリシア神話のゼウスなんてその代表格。片っぱしから人間界の女を物色して、変身して近づいて、パコりまくり子孫を沢山残している。

そして、よく我々が見るような西洋映画の主人公(例:ヘラクレス、アキレス)が、ゼウスと人間の間に生まれた子供だったりする。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    
1年以上
「どうせ帰る前に飲みたいんでしょ?」

Miniature Parkよりバイクを走らす

ニーナが気の利いた質問をしてきた。



「本当に良くできたお供だ(笑)」



感動しつつ「もちろん!」と返事して、

こんなところに連れてきてもらった。



※Kampung Bule Batam:バタムでお洒落な飲み屋街が密集したエリア?



ニーナ「私はどこにも入ったことはないんだけど、好きな店を選んで!」

Xin「ビールが飲める場所だったら、どこでもいいんだけどね・・・」



パンチが効いた店に入った。



(女性バーテンダーとアンモー男性がインドネシア語で会話していた。)





Xin「帰る前だし、タイガー小瓶だけでいいや。ニーナは何を注文する?」

ニーナ「私はいらない。」

Xin「え、何で?お金は出すから心配いえらない。それとも店の雰囲気が気に入らない?」

ニーナ「いや、店が気に入らない訳じゃない。だって高いでしょ?Xinは飲んだらいいよ。でも私は注文しない。」



この店の価格帯、一杯の値段は概ね

IDR18,000.0~ 60,000.0(100~600円)。

タイガービール小瓶はIDR30,000.0。



ビール一杯日本円にして約300円。

この値段は自分はシンガポールで、

いつも飲んでる缶ビールより安い。



Xin「確かにバタムの物価で考えると高いかもしれない。シンガポールで働いている自分にとっては高くないんだよね。」

ニーナ「・・・」



いろいろ話を聞いたところ、

「昨日から、何をするにしてもどこに行くにしても、ずっと払ってもらっているから申し訳ない」

とニーナは感じていたそうだ。



全くそんな事はないのに。むしろ・・

今回の旅行で、もしニーナがいなくて、

全てタクシーを使っていたと考えると、

そっちの方が出費がかさんでいただろう。



ニーナはソフトドリンクは飲まない。

ビールを注文するついでに無理矢理、

ミネラルウォーターも注文した。
(IDR18,000.0)



Xin「じゃあ、もし申し訳ないと思うなら、大学卒業した後、シンガポールで働いてお金を返して。」

そう言ってミネラルウォーターを渡した。



ニーナの曇った顔が明るくなった。



ニーナの親は、なけなしのお金を掛けて

大学に通わせているんとと思う。



せっかく英語もできる訳だし、

ニーナのような人には、

這い上がってもらわないと。
(元々「日本」という恵まれた環境に生まれた自分が偉そうに言える事ではないけど・・・)





一杯だけ飲んで、そのままこの店を出る。

その時に嫌な出来事が起こった。



アンモー(欧米人)「 ¶!§〆-∉∃※」

Xin&ニーナ「!?・・・・」



ニーナ「さっき、なんて言ってたの?」

Xin「分からない。聞き取れなかった。嫌味の類じゃないかな?」

ニーナ「なにそれ、むかつく(怒)」



店の中には数名のアンモーの客がいた。

誰が言ってきたのか分からない上に、

何を言っているのか分からなかった。

英語だと思うけどスラングの類だろう。



店に戻って誰が言ったのか

確認しようと思ったけど、

アホらしいのでやめた。



ニーナ「もぉ、本当に腹が立つ。きっと人種差別の類に違いない。」

Xin「ほっときなって。バタムのこんな店に、こんな時間から入り浸っているアンモーなんて、ロクな奴じゃないよ。相手にするだけ時間の無駄。」



気を取り直して今回の旅行の最後の場所、

「City Walk」へ向かった。



(画像はhttps://www.batamciti.com/place/47/Batam/batam-mall-department-store-nagoya-city-walk.htmlより拝借しています)



大きな家族向けのショッピングモール。

子供が喜びそうなアトラクションが

盛りだくさんあった。







ニーナ「甘いもの食べられる?」

Xin「甘い物好き(笑)」

ニーナ「じゃあドーナツ食べよう!」



City WalkのJ.CO(ドーナツ屋さん)。





今回はお金は払わせてもらえなかった。



今までお金を出したお礼として、

ニーナの方が奢ってくれた。



J.COのドーナツのクオリティは低い。

だけど今回奢ってもらったドーナツは、

自分で買って食べる日本のミスドより

何倍も美味しかった。





食後はまっすぐフェリーターミナルへ。





ニーナ「フェリーが来るまで一緒に待った方がいい?それとも一人で待ちたい?」

Xin「一人の方がいい。昨日から色々案内したから疲れたと思うからゆっくり休んで。本当に感謝してる。ありがとう!」

ニーナにお礼を言って別れた。



今回のバタム旅行は物価の落差を

痛いほど見せつけるものだった。



今までに会ったアジア諸国の学生を

思い出させられた。





ベトナムで会った苦学生のヤン、

台湾在住の中華系マレーシア人のジョン、

そして、今回会ったバタムのニーナ。



もちろん、この世の中には、

彼らより貧しい人々が沢山いる。



だけど、せめて自分が関わった人には、

ある程度経済的にゆとりのある、

生活を手にして欲しい。



彼らが経済的ゆとりを手にする為には、

一体何をすれば良いのか?



シンガポールにバタム出身で、

シンガポール人と同じように生活している

友人は何人かいる。



「今度彼らに会った時に聞いてみよう」

帰りのフェリーの中で、

こんな事ばかり考えていた。



バタム旅行記。おしまい。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    
1年以上

バタム旅行二日目のお昼は、

インドネシアらしい雰囲気のこちらで。





バタムには「SUSHI TEI」がある。



バタムの浜辺を後にして市内に戻り、

街中を何度も移動する度に見える

「SUSHI TEI」を指差しながら

「高すぎて行けない」 と言うニーナ。
(一人IDR300,000.0くらいとか?)



バタムの寿司のクオリティも気になるし、

「お金出すから行っとく?」と話し合うも

結局、おすすめのローカル料理屋へ向う。
(「SUSHI TEI」には何時でも行けるし)







NAGOYAからバイクで約30分。





目的地に到着した。





Saung Sunda Sawargi
Golden Prawn Bengkong Laut Batam Batam, Riau, Indonesia





「インドネシア」という雰囲気を

彷彿とさせる建物がたまりません。





受付&レジ付近。





こちらの席に座ることにした。





雰囲気は良いけど、水は濁ってます。





一応掃除も行き届いている感じだけど

外側のじゅうたんが少し汚い。座れない。





こちらがメニュー。すごく安いです。



ドリンクは40~170円。





食事は100~800円。









セットメニューは2,500~3,000円。





ここで手を洗います。







隣の席のカップル。

もちろん、インドネシア人です。





注文したコーヒーは、

豆がちゃんとすり潰されてなくて、

豆が下の方に沈殿しいていました。





とりあえず無難なものを注文。





シンガポールと同じく暑苦しいバタム。



この店は外にむき出しになっているので、

暑いと思いきや、涼しかったです。



このただ少し困ったのは、食事中に

ハエが二、三匹たかってきたこと。



自分はハエを払い除け完食しましたが、

ニーナが少しお残しをした。



食べ物を粗末にしてはいけない。



そんな時に、この店だけで可能な

食事の処理方法がこれだ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



(残った米は魚にあげる)



米を湖に投げ入れると魚が寄ってきます。
(どおりで水が汚い訳だ;笑)





ネコにも食べさせる。







満足してそうなネコ。

シンガポールのネコとは違い、

人間への警戒心がゼロでした。





食後はこの付近のミニチュアハウスへ。



(画像はhttp://www.javintham.com/2013_03_01_archive.html?m=1より拝借しています。)



ここには沢山の小さな家があって、

それぞれの家はインドネシア国内の州を

家の形と家紋?で表しているのだとか。





一つの公園でインドネシア国内を表現。

アイデアは興味深かったですが、

ミニチュアが少しお粗末な感じでした。





たった二泊三日間のバタム旅行、

この日がシンガポールに戻る日。
(2015年8月16日)



予約していたフェリーの時間に

間に合いそうになかったので、

帰りのフェリーの時間をずらしてもらい、

この、一杯飲みにいくことにしました。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

シンガポールの素顔

作者:Xin

シンガポールの素顔

シンガポール現地採用会社員の気ままな日常生活。在シンがポール日系企業から外資系企業に転職し、ローカルライフを満喫しています。当ブログでは日常生活、旅行記、独り言、海外留学、就職情報など発信していきます。

7日 44 総合 2439 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Xinさん新着記事



過去記事

Xinさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 えちごや日記@シンガポール
2位 パソコン・アイフォン修理専門店のスタッフブログ
3位 シンガポールウォーカー
4位 おなかいっぱいシンガポール・セカンド
5位 みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記
6位 海外番組・広告撮影の記録
7位 Lilyのお茶時間inSingapore
8位 シンガポールの素顔


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録