Welcome!

シンガポールの素顔

1年以上

ちょっと買物に出かけただけなのに、

意外な発見があった。



画像引用元︰http://blogshopr.com/20120426/handmadeone-toy-outpost-hako-jcube/



「何時でもどこでもキャリーケース一つで

引っ越しできるぐらいの荷物が良い」

と考える自分はマキシマリストと言うより

どちらかというとミニマリストだと思う。
(あまり物欲がない・・・)



しかし、一つしかないものが、

急にダメになると困る。



家で唯一使用していたイヤホンが壊れた。



(露店で買ったSGD10.00くらいの安物。よく壊すからこれを想定して安いのを買った。)



「代わりはない・・・」

面倒くさいけど、ショッピングモールへ

新しいのを買いに行くことにした。



で、ショッピングモールを歩いていて

見つけたのが「はこ(HAKO)」ショップ



画像引用元︰ http://bedokmall.com.sg/en/tenants/lifestyle/hobbies-novelties-and-collectibles/hako/

※HAKO:シンガポールで、個人がロッカーを借りて自分の好きなものが販売できる、そんなロッカーで構成されたお店。箱の数だけオーナーがいると考えてよいと思う。以前、筆者もやってみようか考えたけど、EP(労働ビザ)は副業禁止なので諦めた。ちなみに、ロッカーは一番小さいので、一月SGD50.00らしいです。



此処にこの店があるという事は、

以前から知っていたけど、

あまり気に留めたことはなかった。



でも今回はイヤホン買いに来たので、

「もしや、いいやつ売ってるかも!」

と思って中に入ったのだ。



大体、このHAKOショップで、

売られている商品は、スマホケース、

スマホケーブル、イヤホン、充電器。

あとはアクセサリーなどの小物ばかり。



(こんな感じの小物ね。)



けど、今日足を運んだところ、

ある異変に気づいた。
(雰囲気が今までと違う)




















最近の「HAKO」は、

「けん玉」ばっかりだったのだ。









(価格はSGD15.00~SGD30.00とか。利益率高そうやね)



「けん玉」はそんなに人気があるのか?



そういえば少し前、けん玉している

子どもたちを見かけたぞ。



(シンガポールの子どもたちの間で、けん玉が流行ってる?)



てな疑問を持ちつつ、

結局自分が向かったのはChallenger。
(シンガポールのデジタル専門店)



「何これ、ちょっとかわいいな~!」







なんてことを思いつつも、

コスパが良さそうなヘッドセットを発見。





「SGD9.90・・・や、安い!

どうせ壊すし、これでいいわ」



SGD10.00しか払ってないのに、

立派な袋に入れてもらうのが、

申し訳なかった(笑)





ヘッドセットもちゃんと機能しました。

コストパフォーマンスは良いです。





ま、寿命はどれぐらいかは、

分からないけど・・・。



物使いか少し荒いので、

少し気をつけようと思います。
(良い物を買って大事に使えるように)



それよりも、

「けん玉ビジネス」は如何でしょうか?
(もう飽和状態かな・・・)

1年以上

凄い格好でインタビューを受けたと話題の

野党のNSP(国民団結党)所属、

Kervyn Limの話題にまで話が飛躍した。



画像引用元:https://m.facebook.com/ch8news/posts/1058616004156715



「ま、どんな格好していようが、

頭が切れて決断力があればいいじゃん」

というのが自分の意見。



この人、香港の大学の修士卒で、

五カ国語を操れてモデルもしてたらしい。
(頭でっかちなだけじゃなくて良いんではないの?)



という事は置いといて本題はこちら。





この20代の学校の教員(小学校の?)

がネットで袋叩きにされていた件。

20代教員「日本が戦争に巻き込まれたら安倍さんは戦地に行きますか?」(2ちゃんねるまとめ)



このページを見て思ったんです。

「自分もアホ、バカかもしれない」と。



「この質問は、そんなに馬鹿な質問?」

と思ってしまったので・・・



安倍ちゃんの安保法案に関する覚悟を、

聞いてるだけだと思ってしまった。



「ねぇ、この質問はバカなの?」
(おれは、やはりバカなの?)

と誰かに聞きたかったけど、

日本人は概ね右寄りか左寄りで、
(こんな議論に決着など一生つかない。)

こういう話題に自分の意見を通そうと、

恐ろしいまでにしつこい。



そこで、客観的な意見を聞くために、

日本に詳しいシンガポール人の友達に

聞いてみました。



ブログよく読んでくれている人は、

誰か推測できると思うけど明記しないし、

日本語訳もいちいちつけません。



(質問がバカかどうかよりも、安倍ちゃんの回答に興味がある様子)





(安倍ちゃんの回答には「少し見下し口調ね」とのこと。馬鹿な質問かどうかは、質問者の尋ね方による、とのこと。)





(実は「社長だって、少なくとも工場で働く人の気持ちとか理解しないと、尊敬できないぜ」ということを伝えたかったけど、「白痴」の意味を加えたことにより「2chはいつもこんなんでしょ?」という流れに・・)





(日本人の性質は凄く悪意に満ちていて、匿名でのネット叩きが酷いという内容(正論ですね)。でも、どこの国にもある傾向らしい。)





(Hardwarezoneとはシンガポールの2chのようなもの。ここで「Kervyn Lim」の話が出てきます。凄い格好でインタビュー受けてて、シンガポールでは、娼婦とか言われているとのこと。それに対してシンガポールでは、どのように叩かれるのか?話は続きます。)





(シンガポールの2ch「hardwarezone」でも、日本ほど悪意に満ちた人はいない。ある程度シンガポール人は政府を恐れているから、批判的な書き込みはあるものの、程度は酷くない。)





(だけど、日本では(そういった言論を取り締まる?)規制が緩くて、匿名である限り言いたい放題だから怖い。日本人の集団の意見や発言は、時に相手(叩かれている当人)を死に貶めたいと、他の人にまで思わせたりする。戦争は悪意を増殖させるから、(集団意見に流される傾向が強い)日本人は、第二次世界大戦で勝ち進んだんだ、とのこと。)





(日本人は本質的に悪意に満ちている。シンガポール人は文句を言うけど、そこまでねちっこくない。だけど、日本人は文句を言って固執して、傾向を助長させようとする。)



凄く的を得ている意見だと思いました。



何より友達が包み隠さずはっきり意見を、

書いてくれたのが嬉しかったです。



しかも、この日本人が固執するという点は

以前にリー・シェンロン首相が、

日中韓に対して言った内容にも通じます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歴史問題で日中韓に異例の苦言 シンガポール首相



逆に、もしシンガポールが

日本が昔行った華僑大量虐殺を、

まだ根に持っていたとしたら、

シンガポールはここまで急激に、

経済成長しなかったと思います。



過去の過ちは忘れてはダメだけど、

サクッと固執せず切りをつけられる

シンガポール人的思考は、

見習うべきものがあると思いました。



ただし、この友達の意見に対して、

一つ反論の余地があるとすれば、

「日本人は本質的に悪意に満ちている」

という訳ではないと思うこと。



基本的に糞真面目な日本人は、

ストレスを溜めやすい傾向があるから、
(仕事とか、家庭とかでね)

行き場のないストレスをネットで

発散させざるを得ない人が多い。



だから、社会全体が他人のミスなどを

許容できるように心の訓練をして、

ストレスフリー社会にするべきだと思う。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

日本人の多くが病んでるのは・・・・
(ここで以前はてなブログでも書いたSpotlightの記事の宣伝が入ります)



昨日、日本で電車がとまったらしい。

加害者の関係者のツイッターが

すごいことになってたけど、

実際に被害を被った被害者以外は、

そこまで煽らなくても良いと思うんだ。



煽る時間があるなら、お金儲けとか、

恋愛とか、趣味とかに時間を使った方が

ずっと充実した人生を送れると思う。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上
どうも、本格的にPR(永住権)申請の為の

書類集め及び作成に取り掛かっているので

「そろそろPR申請ネタでも書こうかな?」

と考えているXin(しん)です。



アメーバブログを書いている方のブログは

毎日のように拝見しますが、

アメーバ以外で書いている方のブログは、

なかなか見る機会がないので、

昨日ブックマークの編集をしていました。



そこで、とんでもない記事を見つけたので

思わずSpotlightで紹介してしまいました。
(お陰で大半が引用記事になってしまいましたが)



俺のチキンライス塾の塾長タカが書いた

日本に出店したらしいチキンライス店

ウィーナムキーに宛てた手紙です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

威南記の日本一号店オープンに寄せて

(長すぎ且つ情熱が入り過ぎや!)




シーサーブログはSEO弱いとか聞いたので

Spotlightに引用して纏めました。
(引用して纏めるというかほぼコピペ)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



東京都港区に本場のシンガポールチキンライス店「威南記」が出店!それを受けて、ある男が書いた手紙が熱すぎる!



とにかくウィーナムキーに健闘を祈る。



「儲かった暁にはフライドオイスターも

メニューに加えて下さい。」

自分にはこれぐらいしか書けません。



以上、今回は手抜き記事でした。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

約一ヶ月半前、台湾から帰ってきて、

初めてエリに会った時の話。
(当時はまだ台湾熱にうなされいた)



Xin「さっさとPR(永住権)が欲しいんだよね。」

エリ「じゃあシンガポール人と結婚しないとね(笑)」



この一言により何となく

現実に戻ってきた気がした。



「今自分が住んでるのはシンガポール」

しかも50歳というキリの良いお年を召した

シンガポールの中にいる。



気をしっかり持たねば・・・。



そんで「シンガポールぽい事がしたい」

と望んでいたらチャンスがやってきた。



昨日は、気ままに主催している

ランゲージ・エクスチェンジの後、

メンバーの1人が8月9日が本番の

ナショナルデーのリハーサルに行くとかで

一緒に見学させてもらいました。



※シンガポール・ナショナルデー:8月9日のシンガポールの誕生日に毎年行われるパフォーマンス。エアーディスプレイ(戦闘機が空を飛び回る)、軍隊パレード、花火の打ち上げ、などが行われる。実は、筆者はこのパフォーマンス目的で、お出かけするのは初めて。ちなみに、毎年かは知らんけど、今年は毎週土曜日にリハーサルをやっとったらしい。つまり、この日は最後のリハーサルとなる。



勉強後に一緒に見学することになった

日本人一名、現地人一名とともに、

シティホール駅に向かいました。



(6時40分くらいの様子)



どうやら、きゃつらが飛び始めるのは、

6時45分頃からしいです。



この先を突き進むと戦車が見えてきます。





シンガポール人の友人「日本も建国記念日には、こんな風に戦車が出てくるの?」

Xin「出てこんわい(汗)世界大戦中何も悪い事してないシンガポールとは訳が違うのさ・・・。」



シンガポールらしく6時45分を、

遅刻して戦闘機が次々出てきました。



では戦闘機たちを紹介しよう。



毎年よく目立つハタハタ(旗旗)





5(ご)




0(じゅう)





アグレッシブなアクロバット





未完成な男(♂)
(矢印の部分が足らないから)





カゾク(家族)
(一緒に飛んでるから)





もっとアグレッシブなアクロバット





エアーカッター
(ものすごいスピードで空気を切るから)





見どころ満載な戦闘機たちばかりでした。
(それぞれの戦闘機の名前は筆者の独断と偏見でつけているので、鵜呑みにしないで下さい)



次は花火を見に行くために、

エスプラネード駅に向かったところ、

パレードを発見しました。
(8時過ぎの様子)















通常こういうパレードは、

足並みをガチガチで揃えるものだけど、

パレードの列が尻尾に近づくにつれ、

足並みがガタガタになっていくのが、

シンガポールらしいと思いました(笑)



次はメインの花火です。





きたー





素晴らしいな
(火薬持ち込み制限あるからこの国は)







お?





あ・・・





ああ・・・煙に覆われてる(*´Д`)





最後の方はほとんど煙で見えなんだ。

風が吹いてないとこうなるらしい。

8月9日はちゃんと風がふいてほしいです。



有り余る金を使って人口風を作るとか、

良いかもしれないね。

がんばれシンガポール !


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

「いたい、いたい、いたい。

ずっと台湾にいたい。」



2015年5月6日。

台湾旅行の最終日は、まるで朝から

病気にでも掛ったようだった。





帰省便搭乗時間は14時半。

大体いつも旅行最終日は無気力だ。





「どこへ出かける気力おこらへん」



一週間の旅行は久しぶりだったから、

疲れがどっと溜まった感じだった。



遠出はせず、ほとんどホステルで、

ダラダラダラダラ過ごす。



ナマケモノのようにソファーに寝転び、

一発目の記事を書いたのもこの日。



しばらくして「桃園空港から帰るんだ」と

台妹スタッフに伝えると、

ある紙をくれました。



それがこれ。
(恐ろしく簡潔に纏められているぞ)





「明日からはまた仕事だからな!」

どこにも寄り道せずまっすぐ台北駅へ。



台北駅地下の出口K12

方向音痴の自分でも難なく辿りつけたので

誰でもすぐに辿りつけると思います。





台北西站A棟バスターミナル

突っ立っていると職員のおじちゃんが、

チケット売り場へ案内してくれました。

おじちゃんの案内通りに切符をかって

バスに乗り込みまます。





桃園国際空港に到着。

本当にちょうど一時間くらで到着。

台湾の時間のオンタイムさは日本並。





お昼ごはん(値段は忘れました)。

あんまり美味しくなかったです。





そして、この後は、ななんと (  ゚Д゚)

































飛行機に乗った。

普通乗るやろ!



画像引用元:http://www.nusatrip.com/en/flights/tiger-airways



実は自分は飛行機が少し苦手。

だって、死ぬかもしれないから・・・。
(どこまでもヘタレ)



特に昔、社内旅行でシンガポールから、

フィリピン向かった時の飛行機の中では

遺書を書いてなかったことを、

本気で後悔しそうになったぐらいだ。










でもまあ、今回も無事に到着。



「ただいまチャンギ空港!

待っててくれてありがとう。」







とまあ、こうして普通に、

シンガポール宅に帰ってきました。



【今回の旅行のまとめ】

まとめよりの先ず先にツッコミたい。



たかだかGWの旅行に40回もの更新、

二ヶ月以上の歳月を使う自分はアホかと。



おかげ様でシンガポールネタを

売りにしている当ブログの約10分の1が、

台湾ネタになってしまった気がする。
(これは詐欺だ!)



シンガポールは今年で50歳な訳だけど、

「S50」とか一度も書いてない気がする。
(これで書いた)



アプリ「SGAG」より引用。



まあ、しかしながら今回は、

撮った写真のほとんどを使いました。



台湾はやっぱり凄く楽しかったし、

時間を掛けて書く価値もありました。
(人気の旅行先ですから)



自分としてもブログ記事書いてる最中に

「あぁ、そういやあんな事あったな」

と色々思い出せて旅行が二倍楽しめた。



今はそんな気がしています。



「旅行を二倍楽しむコツ!」



それは、旅行から帰ってきてから、

その旅行内容をブログに纏めること。



実はこの二ヶ月間の間に何度も、

「うへぇ、もっと飛ばし飛ばしで

書くべきだった面倒くせぇ・・・」

と思ったけど、書き終わってからは、

相当自己満足な達成感がありました。



この台湾シリーズを最初から、

最後まで読んでくれるような、

物好きな人なんて一握り・・・



























(あたらしさんごめんなさい)



もいないかもしれないけど、

最後まで読んでくれた方は

どうもありがとうございました♡



まだ次の海外旅行に行く予定がないので、

当分シンガポールネタになると思います。



ほなではまたヽ(´ー`)ノ


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

シンガポールの素顔

作者:Xin

シンガポールの素顔

シンガポール現地採用会社員の気ままな日常生活。在シンがポール日系企業から外資系企業に転職し、ローカルライフを満喫しています。当ブログでは日常生活、旅行記、独り言、海外留学、就職情報など発信していきます。

7日 410 総合 2429 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Xinさん新着記事



過去記事

Xinさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アルビS 海の向こう側での挑戦。
2位 アメリカ大学院留学から海外で働く!!女性フォトジャーナリスト・ウエディングフォトグラファーの海外生活就職アジアシンガポール
3位 シンガポールの素顔
4位 世界初‼︎ヘッドスパ・頭皮ケア・髪のトリートメントケアに特化した専門美容室 日本本店@北九州小倉北区
5位 HOBOKENってどこ?(前: シンガポールでVmax)
6位 海外就職を目指せ! - 海外就職とは -
7位 ibloomアイブルーム プリザーブドフラワー
8位 気まぐれなボーダーレスライフ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録