Welcome!

シンガポールの素顔

1年以上

当方シンガポール滞在5年目になる。



今までシンガポールならではの、

様々な事を試してきたけど、

まだトライしていない事は沢山ある。



先週水曜日はそのうちの一つであり、

今まで敢えてトライしなかった

ドリアンを食べてきました。





日本から来たまだ旅行中の、

エリの友達(トモコ)から

「友達とドリアン食べに行くけど、

一緒に食べに行く?」

と誘われたのが切っ掛け。



彼女が言う「友達」とは誰の事なのか

少し気になったけど、何も聞かず

そのまま了解して参加することに。



その友達が当ブログのイチ押しキャラ

「毒舌なアラレちゃん」であった事は

ドリアン当日に知ることになる。



結局メンバーは、毒舌なアラレちゃん、

トモコ、ヨシサン、自分、

アラレちゃん妹カップル&その友達

という珍しい顔ぶれとなった。



今回の会の幹事兼黒幕も、

毒舌なアラレちゃんな訳だが

さっそく毒舌なアラレちゃは、

「ドリアンと言えばゲイラン」

という自分の常識を覆してくれた。



毒舌なアラレちゃん指定、

ドリアン集合場所はノベナ駅だったのだ。
(ゲイラン行く気なし)。



目的地はノベナからタクシーで向かった

バレスティア・ロード。
(タクシー代はSGD6.00ぐらいでした)



※バレスティア・ロード:昔のここに来たアメリカ総領事バレスティアの名前にちなんでつけられた。バクテーの店が鬼のようにある通りとしても有名。超有名チキンライス店「文東記」の本店があるのもここ。飯が多いけど何となくおしゃれな雰囲気で素敵な場所だが、ここを通るMRT(電車)の駅はないので、不便なのがたまに傷。



「ドリアンで今日の晩ご飯は終わりか?」

と不安に思っていたけど、

それは杞憂に終わった。



文東記が隣にあるこのホーカーで、

晩ご飯を済ませてからドリアンに挑戦。

それが我々の計画だったのだ。



このバレスティア・マーケットは

他のホーカーとは違い、

サラダやデザートが充実している。





それぞれ、食事を済まして、

デザートやサラダを試した。



(SGD5.80のサラダ。不評でした)



ちなみに、ここの屋台では、

大きくて安いカヤワッフルも売っている。
(記憶が正しければSGD1.80くらい)

ヨシサンが発作的に買ってきて、

大人気でした。



少しビールが飲みたくなってきた。

Xin「ビール飲みたいね。」

アラレちゃん「ビール飲んでドリアン食べたら、死ぬよ!」

Xin「まじ(TOT)?」



まじでした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドリアンと一緒にビールを飲むと死ぬ

気をつけましょう!



アラレちゃん「さあ、ドリアンとビール、どちらを選ぶ?」

Xin「(ゴクり)・・・ドリアン」

アラレちゃん「よしよし(笑)」



というか、ここで「ビール」と返事したら

「帰れ!」とか言われそうだったのだ。



食事を終えていざドリアン店へ。





下の写真左手の道を、

ひたすら進んで行きます。
(左側のオレンジの看板は「文東記」)





美味しいドリアン屋さんまでは、

ここからけっこう歩きます。



途中、バス停とかバクテー屋さんとか

ドリアン屋さんもありますが、

ひたすら突き進みます。



すると、「ぷぅん」というドリアン臭が

他の店とは比較できないほど強い店が

店が見えてきます。



こ・こ・で・す!





ドリアンを食いに来たとだけあって、

たくましいポーズで注文している女性。





有名店であることが伺える店の面構え。





このパンチの効いた親父に

ドリアンを注文しました。





ドリアン一つはSGD16.00?

マンゴスチンも注文しました。
(お会計は何故かアラレちゃんが払っていたので不明。)





テーブルに持ってきて、いざ!

手袋を装着します。



一行「・・・・誰が先に食べる?」
(誰も食べたくなさそう・・・)





非常に、先ず日本人に食べさせそうな

雰囲気がムンムンとしていた上に、

ヨシサンはドリアン経験者、

トモコは非常に食べたくなさそう。



なので、一口目を頂きました。



感想・・・クリームみたいで甘い。

だけど糸みたいなのが絡み付いて、

なんとも不思議な食感で臭い。



毒舌なアラレちゃん「どう?」

Xin「食べられなくはない、だけど・・・何とも言えないな。トモコも食べてみなよ。」

トモコ「(恐る恐る欠片だけパクリ)・・お、美味しくない (TдT)」

Xin&アラレちゃん「もっと食べないと分からないよ。」



・・・と言いつつ、大きな欠片を

無理矢理トモコの口に突っ込みました。
(Sの血が騒ぎました→残酷な光景)



トモコ「お、美味しくない (TдT)」

Xin「だよね!ヨシサンもどうぞ。」

ヨシサン「パクリ・・(何とも言えない顔)」



これに続き、毒舌なアラレちゃん妹、

その友達が次々と食べていきます。



自分ももう一欠片頂きましたが、

「絶対一人で食べに行きたいと思えない」
(シンガポール在住者失格です、はい。)

という感想を持ちました。



お口直しにマンゴスチンを。

こちらは普通に美味しかったです。

トモコやヨシサンからも好評。



アラレちゃん「ドリアンは果物の王様、マンゴスチンは果物の女王、と言われているのよ!」
(聞いたことがあるような気がする)



一通り、大きな三つを食べ終え、

身を半分にこじ開けると、そこには、

大きな大きなドリアンが顔を出した。





ここにきて、一番沢山食べていたのは、

毒舌なアラレちゃんの妹。



実は、毒舌なアラレちゃん本人は、

一つも食べていない。



Xin「アラレちゃん、食べないの?」

アラレちゃん「ふっ、実はドリアン、あまり好きじゃないのよね(笑)」

Xin「うっ、ひでぇ!日本人にばかり食べさせやがって(  ´Д`)」



この間にも、アラレちゃん妹は、

ドリアンをパクリパクリ。
(妹さんはなかなかのドリアンラバー?)



結局、第二弾大きなドリアンは、

誰一として手を付けず、

お持ち帰りするこになりました。



トモコと一緒に「いくらだった?」

とアラレちゃんに詰め寄るも、

「いいよ!今日のは奢り!」

という返事が返ってきました。
(アラレちゃん本人は、一つも食べていないので、少し後ろめたかったのか?;笑)



「ドリアンは好きになれない!」



シンガポールのローカル生活を

売りにしているシンガブロガーとしては、

失格だと気づいた夜でした。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上
2015年8月9日、

花火終了後のラオパサ付近。





明日も祝日だということで、

カズの友達行きつけのバーに

行くことになった。





素敵な雰囲気漂う高級店で、

人が少なくて開放感たっぷり。





真夜中も営業しているが、

ドリンクの値段はそれ相応。
(この店にメニューはありません)





・カクテル SGD28.00 ~ SGD30.00

・ノンアルコールドリンク SGD12.00

・小瓶ビール SGD12.00

・ウィスキー SGD38.00



ざっと注文して会計した中で、

把握できた金額はこの通り。



当然、カクテル、ウィスキー組が、

涙を飲んだ事は言うまでもない。



金余っている人はどうぞ。



The Spiffy Dapper
73 Amoy Street, Second Floor.
Singapore 069892
TEL:8233 - 9810
(10名以上の来店は要予約)



で、寂しくなったお財布とともに、

MRT(電車)で帰宅途中に、

ウィルソンから教えてもらった話が

興味深かったので今回はその話題。



シンガポールのHDB購入について。



土地が少なく住宅がべらぼうに高い

シンガポールで外国人が購入できるのは、

基本的にコンドミニアムのみ。



コンドミニアムに比べ比較的安い

HDBを外国人が購入するには、

PR(永住権)を取得した後に、

PR(永住権)保持者か現地人と、

結婚する必要がある。



シンガポール国籍の者でさえも、

独身であれば35歳にならないと、

HDBを購入できないのがこの国の掟。



なので、とにかくシンガポールでは、

HDB購入は結婚と同義である

と言っても過言ではない。



したがって、日本ではプロポーズとして

「味噌汁を作ってくれないか?」

に該当するセリフはシンガポールでは

「一生にHDBを買ってくれないか?」

となるのである。



とここまでは、シンガポール在住者なら、

沢山の人が知っている一般的な内容。

これを踏まえた上で次の会話を

見ていただきたい。



Xin「シンガポールは手軽な価格でメイドさんが雇えるから、子持ち家族にとって、本当に便利だよね!」

ウィルソン「うん。でも、実はシンガポールでメイドを雇っている家庭は案外少ない。必要ないから。」

Xin「え、何で?じゃあ誰が子どもの面倒見るの?」

ウィルソン「結婚した夫婦の親が子どもの面倒をみる。孫は可愛いから、親は進んで面倒を見てくれる。」

Xin「なるほどね。それじゃ結婚した後も親と一緒に住む人が多い?」

ウィルソン「いや、そういう訳じゃない。夫婦が仕事に行く前に、親が子どもの面倒を見に夫婦宅へやってくる。そして、夫婦が仕事から帰ってきたら親も家へ帰る。こういうパターン多いと思う。」

Xin「あ!?そっか!国が小さいからなせる技だね。親の家と夫婦の家が近い(笑)」

ウィルソン「そうそう。みんな結婚したら、親の家の近くのHDBを買う。なぜなら親の家から2Km以内の場所のHDBを買ったらHDBの価格がSGD20,000~SGD40,000割引になるから。」

Xin「あ!それ、この前も言ってたよね。だけど、何で親の家の近くにHDBを買っただけで、安くなるの?割り引かれた金額は一体どうなるの?」

ウィルソン「シンガポール政府が、親の家の近くに買うよう推奨しているから。負担はもちろんシンガポール政府。」

Xin「なんでシンガポール政府は、そこまで親の家の近くに買わせたがる?」

ウィルソン「だって、家が近かったら親は孫の面倒を簡単に見に行けるでしょ?その方が国にとって良いね。家族が壊れにくくなるから。夫婦が離婚して、ダブルインカムじゃなくなったら、子どものための教育費用もあまり掛けられなくなる。優秀な人材は国にとって大切なのに・・・。」

Xin「おぉ、すげぇ(・o・)!本当だ。」



目から鱗な話だった上に、

「日本でも、この政策は使えるのでは?」

と思いました。



親が孫の面倒を簡単に見に行ける距離に

夫婦が住宅を購入した場合に、

国が費用を一部負担してくれるとしたら、

「子育ての負担が減って離婚が減るね!」

と思いました。



ま、結婚したら親の近くに住みたくない

というのは一般的な考えで、

それはシンガポールでも同じらしいです。



でも、親の家の近くに家を買うだけで、

購入費用が大幅に割り引かれるとしたら、

ほとんどの日本人夫婦も親の家の近くに、

家を建てるのではないでしょうか?



日本も無駄なバラマキばかりするのでなく

もっと先を見据えて、効果的なバラマキを

すれば良いのにと思いました。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    
1年以上

2015年8月9日の夜、

シンガポールナショナルデーの

花火を見に行ってきました。





全体的な花火の勢いは日本には及ばない。

だけど、火薬持ち込み制限がある、

日本より安全なこの国で・・・





何か落ちてきたような

こんな光景は珍しいのでないかな?





とかいう花火に見に行く前の話をします。



8月といえば夏休みという訳で、

今年も日本からの旅行客が沢山、

シンガポールにやってきます。



エリの日本人の友達も旅行でやってくる
(エリと付き合いが長い日本人女性)

という事でこの日の夜は7名前後で、
(SG女4名+SG男1名+JP女1名+自分)

晩餐が予定されていました。

※人名については自己・人物紹介参照
※SG男=ウィルソン



この前の週も花火を見てきた訳ですが、

一緒に見に行ったシンガポール人の友達と
(元々はカズの友達のSG女性)

「当日も行こう!」という話になり

彼女も、その晩餐に誘ったという流れ。



「しかし、抜け駆けはあかんやろ!」

という訳でカズも誘ったところ、返事が

「こっちも日本から友達が来とるねん。」
(カズより年上のオネエ肌日本人女性)

てな訳で計10名での晩餐になりました。



色々ごちゃごちゃ書いたけど、

自分、カズ、ウィルソンで

初対面となるJP女性が二人混じっている

シンガポール人女子会に参加してきた、

ということ。



場所はサマセット駅直結モール

「313」の地下三階「Paradise Inn」にて。





この円卓にて会は執り行われた。





席順は、来た人からに奥に詰めて行き結局

自分の左手には、エリ側の友達軍団が、

自分の右手には、カズ及びその友達二人が

佇むというポジションになりました。



唯一撮ったご飯の写真。






以下ざっくりした会話内容になります。



シンガポールに女子力の概念はあるのか?



エリが彼女の友達のスカートの上に、

おだんごを落とした!



エリ「ごめん、落としちゃった。」

エリ友JP女性「大丈夫!」



と言って取り出したのがこれ。



(写真はイメージです。鞄の中に入る小さいサイズのやつ。)



カズ友JP女性「染み抜き持ってるなんて女子力高いね!」

エリ友JP女性「(*^_^*)」

Xin&カズ「染み抜き持ってるのは、女子力が高いんや (  ゚Д゚)」

カズ友JP女性「うん。女子力ってシンガポールにもあるのかな?」

Xin「ないと思うけど、聞いてみる。」



(日本語は分からない、カズ友SG女性に「女子力」の概念を説明した後)

カズ友SG女性「女子力は存在しない。シンガポールでは自然体が好まれる。だから、ティッシュやハンカチを持ち歩いている女性も少ないよ。」
(シンガポールでは化粧している女性も少ないから、その上のレベルの嗜み?ぽい女子力なんて当然ないのだろう。)



シンガポール女性にコテンパンにやられた



Xin「PR(永住権)がほしい」

友達「シンガポール人と結婚すれば早い」

Xin「どこかに、シンガポール市民権取った台湾人いないかな?(笑)」

友達「いないわ、そんな人(笑)」

というやり取りが最近多いせいか、

自分は無類の台湾女性好きとして、

友達の間で知られ始めてきている。



エリ友SG女性(1)「ねぇ、何で台妹(台湾人女性)が良いの?」

(改めて真面目に考えてみた)

Xin「中国語の音だと思う。内容は理解できない事が殆どだけど、台湾女性が喋る、ほんわかした中国語の音がツボだね。癒されるわ。」

エリ友SG女性(2)「じゃあ、台湾中国語とシンガポール中国語の音の聞き分けはできるの?」

Xin「確かに台湾中国語とシンガポール中国語の発音は似てる。だけどMRTの中で台湾人が中国語を話していたら、絶対に気づく。どう違うか説明はできないけど、何となく聞き分けできる。」
(最近まで台湾ドラマばかり見てたし)

エリ友SG女性(2)「ふーん、なるほどね。」

Xin「やっぱり、台湾人の中国語って、シンガポール人の中国語と全然違うよね(笑)」

エリ友SG女性(3)「だから、未だにPR(永住権)が取れないのよ(怒)」

エリ友SG女性(1)「うんうん、ほんとそれ(怒)」

Xim「(TдT)・・・」

エリ友SG女性(3)「台湾に行って永住権とって来い!給料が今の半額以下になるからさ、あはは(笑)」

エリ友SG女性(2)「あははは、行ってらっしゃい(笑)」

Xin「(TOT)・・・めっちゃ少なくなりそう。」



一般的な現地採用の月収で計算してみても

半額以下どころか三分の一くらいに

なるかもしれないとリアルに思いました。



こんなノリで自分から向かって

左手側のシンガポール人女性陣から総攻撃

そして、これがシンガポール花火の総攻撃





日本除いたアジアでは、

結構すごい部類に入る花火だそうです。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

今日はシンガポールの50歳のお誕生日。



昨日は風邪でうなされていましたが、

ようやく今日は元気に活動できそうです。



さて、いつもEZ LINKカードという

プリペイド式のパスをスワイプして

乗るバスですが、今日はこんな感じで、

スワイプが禁止されています。



(現地人もスワイプしようとして戸惑ってます;笑)



MRT(電車)も同様です。






「50周年の今年だけの特別サービス?」

と思われる運賃フリーの措置。



うむむ、金持ってる国しか、

できないキャンペーンですね。



昨日は、風邪につき家でゴロゴロしていて

まだ何もSG50ネタがないので、

風邪を早く治すために行ったあれこれを

を紹介します。



ちなみに、病院は好きではないので、

今回はお世話になりませんでした。



まず、風邪を引いたと気づいた後、

お薬を自宅近くのミニーマートで購入。



日本では禁止されているらしい、

パナドールを購入しました。



(値段は忘れましたが、バラ売りだったので安かったです。SGD1.00くらい?)



あんまり効果はなかったと思います。

やはりバファリンとかの方がよいかも。



次に、冷えピタみたいなやつ買いました。
(しかも子ども用;笑)





冷やして頭にのせるアイスパックを

購入しようと思ったのですが、

こちらの方が手軽そうだと思って、

大の大人が買って頭につけてました(笑)



冷たくて気持ちよかったです。

これは大人でも使えます。



そして、「風邪を早く治す方法」

みたいなキーワードでネット検索した結果

「布団に入って汗をたくさんかけば良い」

という事が判明。今頃知りました。



しかし、布団に入っていても

なかなか汗をかかなかったので、

汗をかくためにとった行動が・・・
(とにかく汗をかけばいいんだろ?と判断)


























ヨントーフを食べに行く。
(シンガポール風おでん)





いつも選択する海苔、茄子、エノキ、

トマトなどの大好物の野菜を選んで、

今回は麺抜きにしました。
(一応病人だからね・・・)



これは自分にとって、

一番効果があったと思います。



汗がダラダラ出ました。

しかも、美味しかったです。



後は、TBSのモニタリングという

日本で流行っているらしい、

テレビ番組を見てゆっくり休んで、

今日の朝になったら風邪の殆どの症状が

おさまっていました。



あ・・それと、いつもアイスコーヒーを

コンビニで買って飲んでしまいますが、

アイスコーヒーの代わりに、

キャロットジュースを買いました。



何となくヘルシーそうな気がしたから。





今日は元気に動けるので、

昨日の分も楽しんで来ます。

1年以上

SG50で賑わうシンガポールにて、

風邪をこじらせてしまいましたXinです。
(お出掛けしたかったのにショック)



今日は、はてなブックマークで珍しく

英文記事がブックマークされてたので、

思わず覗いてしまいました。



「The rise of Singlish」
(シングリッシュの台頭)



画像引用元:http://www.bbc.com/news/magazine-3380991

↓ ↓ ↓ ↓  (注︰抜粋と意訳)

フォーマル英語を話すように促すシンガポール政府の政策とは裏腹に、外国人は逃げちゃうハイブリッド言語、シングリッシュがよく使われるようになった

・50年前シンガポールの独立とともに、公用語として認定された英語を使うよう促されたが、英語が公で使われる傍らでローカルな口語としてのシングリッシュの存在も色あせるどころか、存在感を強めていっている。フォーマル英語とシングリッシュが共生することになり、シングリッシュは今やシンガポール人のアイデンティティ、伝統であると言える。この度「SG50」のキャンペーンでも、シングリッシュは使われている。

・現在では、英語とシングリッシュの使い分けができる人が「教養のある人」とされる。シングリッシュは使えるけど英語は使えない人は「教養がない」と見なされる。また、英語は使えるけど、シングリッシュが使えないシンガポール人は「本物のシンガポール人じゃない、へんな奴」と見なされる。

・シングリッシュの文法は、マンダリン(普通中国語)とマレー語がベースとなっている。ほとんどの前置詞、動詞の活用(playをplaysとかに変えるやつね)、複数表現が省略される傍らで、単語は多種多様なシンガポール移民族のルーツが反映されている。福建語、広東語、タミル(インドの南方)から来ている単語もある。

後は小さい頃にフォーマル英語だけを学ぶように強要された人の失敗談や、シングリッシュの具体的な使われ方について書かれてあります。(ここらで力尽きた)



これを読んで、何故自分が

シングリッシュに愛着が湧くのか

はっきり分かった気がしました。



以下が理由です。



(1)移民なシンガポール人は

彼ら独自に英語を料理して、

彼ら自身のアイデンティティになし得た。



(2)以前自身がカナダに留学して、

日本に帰国した後の英語を話す自分には

なんとなく違和感があったんです。



鈍臭いコテコテの関西人が

アイデンティティな自分は、

「北米訛りに似せてキザっぽく英語を喋ってるんじゃねーよ!」

と自分に突っ込んでたんです。



「言語は生き物、もっと自然体で、

自分の英語を話したい」

という思いを叶えてくれたのが、

シングリッシュ。



シングリッシュさん「英語はもっと自然体で喋ってええねんで!」

という語り掛けにより英語を使った結果、

「Xinの英語はインドネシア英語だね」

と友達に言われてしまう訳ですが、

シングリッシュ訛りも板に付いてきたし

対アンモー(欧米人)英語もそれなりに、

準備しているつもりです。
(大分廃れいると思われるけど・・・)



(3)また、強調したい事として

「抑揚があるシングリッシュは

何となく関西弁に似ている」

とも思います。



纏めると、自分にとってシングリッシュは

・言語でアイデンティティを作り上げた、クリエイティブな言語

・英語=北米訛りで然るべき、それ以外は英語じゃない、という概念から開放してくれた

・福建語、広東語などから由来の単語は分からないけど、シングリッシュ訛りは慣れれば使いやすい(関西弁みたいに使える)

という特徴から好感が持てる訳です。



こういった感想を持つようになったのは、

自分が日本の関西生まれ関西育ちだから

だと思います。



もちろん、日本人でも特に

アメリカなどの帰国子女の方は、

「北米英語 = 自分の英語」

という人がいると思います。



だけど、北米英語をベースにしている

日本では「北米英語以外は認めない」

という風潮が強すぎる。



さらに「先生はアメリカ人です」

みたいなのが売り文句の英語教材が、

そういう傾向に拍車を掛けている。



そして結局、英語を勉強したい日本人は、
(あくまで自分が予測する例です)



・英語を勉強したいと語学学校に行く

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・アンモー先生の英語が聞き取れない

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・その発音を真似するとか持ってのほか

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・単語詰めるのも辛いし先が見えない



という流れで諦めていくのだと思う。



それを打開する策としては、

シングリッシュのように、

ジャングリッシュを確立して、
(日本人がめちゃ発音しやすい、使いやすい文法の英語で且つ外国人が妥協できるもの)

外国人に無理やり理解させる。
(世界の中心はアメリカじゃないの)



アジア人と関わろうとしないアンモーは

ジャングリッシュを理解できなくても、

韓国人、フィリピン人、シンガポール人は

間違いなく理解できるはずです。



「誰かジャングリッシュを確立してくれ」

と思う今日このごろです。


____________________________

ブログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

シンガポールの素顔

作者:Xin

シンガポールの素顔

シンガポール現地採用会社員の気ままな日常生活。在シンがポール日系企業から外資系企業に転職し、ローカルライフを満喫しています。当ブログでは日常生活、旅行記、独り言、海外留学、就職情報など発信していきます。

7日 44 総合 2439 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Xinさん新着記事



過去記事

Xinさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 えちごや日記@シンガポール
2位 パソコン・アイフォン修理専門店のスタッフブログ
3位 シンガポールウォーカー
4位 おなかいっぱいシンガポール・セカンド
5位 みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記
6位 海外番組・広告撮影の記録
7位 Lilyのお茶時間inSingapore
8位 シンガポールの素顔


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録