Welcome!

シンガポールの素顔

1年以上
Tinder使ってバタムJDに会う」続編。



Tinderで連絡をとったバタ厶在住の

女子大生の名前「ニーナ」という。
(大学三回生らしい)



ニーナから急に連絡があって、

急に決まってしまったバタム旅行。

「どうせ行くなら一泊していこう。」

という事でお勧め宿泊先を聞いたところ

Nagoya One Hotel」という回答が。



ホテルの予約は思いの外簡単に済んだ。

ウェブサイトに入りメールを送信だけ。

デポジットなどは必要ない。



後は、SGD200.00をIDRに両替して、
(IDR1,920,000.0になった)

小さいリュックに荷物を詰め込んで

旅行準備が完了した。

※IDR(インドネシアンルピア)︰0を2つとったらだいたいの日本円。IDR1920,000.0は、ざっくり19,200円くらい。



旅行当日、バタム行きフェリーが出ている

VIVO CITYの「HarbourFront Centre」へ。







色々な種類のフェリーがあったけど、
(安いフェリーの為にみんな並んでる?)

待ち合わせ時間に遅れそうだったので、

このHORIZON FAST FERRYで購入。





料金は往復SGD48.00。購入の際に、

バタム島で帰りの便の予約だけするよう

説明を受けました。



出港15分前に購入して、少し迷ったので

名前がアナウンスで呼ばれる破目に。





恥ずかしかったけど、何とか間に合った。

バタム島と言えばネットの影響か、

「男が女を買いに行く島」という
(かなり偏った偏見だ;笑)

イメージしかなかったけど船内は、

意外に家族連れや女性旅行者が多かった。
(ほとんどがシンガポール人)







一時間弱でHARBAR BAYに到着。

2015年6月12日からインドネシアは、

ビザ不要になるとかいう情報を見つけた為

全く準備していなかったけど、

しっかりビザを購入させられました。





ビザが不要なシンガポーリアン達を

指を食わえ見つめながら

ビザ代IDR230,000.0を支払い入国。



場所は違えど同じ国。Harbar Bayの港は、

数年前に旅行したジャカルタの空港に

そっくりだと思った。









都合良く見つけたHORIZON FERRY。

速攻帰りの船の予約を済ましました。





こちらでデータSIMカードを購入。

「1泊2日でデータ通信のみ」と言うと

「simPATI」というSIMが出てきた。

料金は、はっきり覚えてないけど確か、

IDR120,000.0(1200円)くらい?
(後で調べてみて「ぼったくり?」と思ったのですが、如何せん相場が分からない。)





ニーナはHARBAR BAY港まで

迎えに来てくれる予定。





外に出ると、さっそくインドネシア名物

しつこいタクシードライバー運ちゃんの

勧誘がわさわさ始まる。



運ちゃん1「はいフレンド。タクシー?」

Xin「いや、友達が来てくれるから、必要ない。」

運ちゃん2「タクシー!何処に行くんだ?」

運ちゃん3「タクシー!タクシー!」

Xin「いや、だからね。友達が迎えに来てくれるから、タクシーは必要ないの。」

運ちゃん1「はい、フレンド!タクシー!何処に行く?」

運ちゃん3「タクシー!タクシー!」

Xin「・・・・・・」



・・・・

・・・・・・・・

ほどなくして悟った。



バタムのタクシードライバーには・・・






























英語が通じない・・・。
(分かるフリするからタチが悪い)





ドライバー達に意図を伝えるため、

「友達が来るから、タクシーいらない」

というフレーズをインドネシア語で

ネット検索している最中に、ニーナ登場。



タクシードライバーとは打って変わって、

ニーナの英語はシンガポール在住の

インドネシアンとも遜色がないくらい。
(本当に有り難い!)



Nagoya Oneホテルまでは、

バイクで5分足らずで到着して、

さっそくチェックインしました。





宿泊料金は一泊IDR380,000.0で朝食付き。

こちらが、部屋の中の様子。
(ま、悪くない感じです。)







ガソリンを補給(100円以下)して、

さっそく最初の目的地に向かいます。





それにしても、いい年こいた大の男が

女子大生が運転するバイクの後ろに

乗せられ移動している図は、

まさに「ヘタレ」でした(笑)


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    
1年以上

当ブログは気ままな個人ブログです。

「ま、いつかここから集客して、

金儲けでもするかな(できるんか?)!」

という密かな野望はあるにせよ、

適当に自分の日常や日頃思っている事を

徒然なるままアップしているに過ぎない。



なので以前は大学生向けのサイト

Campus Magazine」で紹介されてて、

非常に驚いたわけです。



今日は久々にエゴサーチしていたら

また、立派そうなウェブサイトで

当ブログが紹介されていました。



インターンシップ JAPAN





「外資系を目指す方必見!」なブログに

抜擢して頂いたようです。
(仕事の事ほとんど書いてないけど;笑)



特に、ここ数ヶ月でアップしたのは、

旅行した台湾でナンパしたり

シンガポールでナンパされたり、

出会系サイトを使ってみたり、

その他は適当な食レポぐらい。
(アホな事ばかりで埋め尽くされたアホログも良いところ。)



なので当ブログが「インターンシップ」

という真面目な内容のサイトに、

掲載されたことに、驚きを隠せません。
(場違いも良いところ。載せてもらうのが申し訳なさすぎ;笑)



(もっと、ありえない話を心がけます)



編集者さんの気紛れだったとしても

非常にうれしいもんですね。

編集者様ありがとうございますm(_ _)m



せっかくご紹介頂いたので、

今回は就職という点について、

自分の考え方を一つ紹介します。



Time is Money

綺麗事など並べても仕方ない。いかにも金儲けの国シンガポールに来た人間が言いそうな事ですが「時間=お金」だと考えています。

仕事とは「時間」を使って「お金」を稼ぐ行為。自分の命の次に大切なのは「お金」だけではない。「教育やスキル(自分はしょぼいですが)」と「時間」も「お金」と同じくらいに大切です。

人は限られた社会の中で「時間」を使って「お金」を稼ぎます。「教育やスキル」があればあるほど、限られた時間の中で多くのお金を稼ぐことができます。

しかし、教育やスキルがなくても、纏まったお金があれば投資によって、お金にお金を稼がせることができます。

なので、もしかしたら「教育やスキル」は「お金」や「時間」ほど大切なものではないかもしれませんが、「時間」は「お金」と同じくらい大切なもの。これを「お金≫時間」と勘違いしている人が多いように思います。

もちろん世の中は、この三つより大切な事も沢山ありますが、仕事という点においては、「お金」「教育やスキル」「時間」を常に頭の中で天秤にかけて考えましょう。



たとえば、

「会社で生産性のない仕事をする事は、
会社に奢ってもらってる。」

「会社でサービス残業する事は、
会社に奢ってやっている。」

と考えること。



短時間内に濃い内容の仕事をして、
(人の事言える立場じゃないけど)

残業などは極力さけましょう。

ブラック企業に捕まっちゃダメだぞ!



以上。簡単ですが、外資系勤務の自分から

就活生へのメッセージとなります。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

どうも、バタム旅行について書きたいけど

旅行記事を書くのは疲れるから後にしよう

と考えているヘタレのXin(しん)です。



ブログを始めてからというもの、

ホーカー、フードコートなどで

料理を注文して食べる前は、

写真を撮る癖がついてしまいました。



使わなくて捨てる写真も多いので、

今回はランダムに選んで適当に

お食事の紹介をしていきます。



カヤフレンチトースト



シンガポールならではのカヤジャムとフレンチトーストの組み合わせは抜群。フードコートなどで売っている事があります。



オムライス



中身は白ご飯でも赤ライスでもなく、ブラウンライスの炒めご飯でした。カロリーは高めだけど、結構おいしいです。



ラーメン



シンガポール・ナショルデーリハーサルの後に友達と「けいすけ(ラーメンチェーン店)」に行ってきました。人気店だけあって、味は日本ので食べる一般的なラーメンにも引けを取りません。



ダンプリングヌードル



シンガポールの麺料理のクオリティは高いです。コシのある麺に、よく味付けされたソース。このダンプリングヌードルは病みつきになります。



照り焼きチキンライス?



正式な名称は忘れましたが、とあるフードコートで「one for one(一品注文したらもう一品が付いてくる)」をしている時に注文しました。一つはお持ち帰りするお客が多い中、そこまでボリュームがあると思わず二つとも「Having here」で注文したのですが、食べ過ぎて気持ち悪くなったのは言うまでもありません。



ムイファン



白ライスの上に、野菜や卵のあんかけ?がのっている料理。少し味は薄めですが、優しい味で癒やされます。



ヨントーフ



何度もブログに書いている定番のシンガポール風おでんです。風邪引いてる時に食べると良いです。今日もヨントーフを頂きました。



サラダ



野菜が取りにくいシンガポール外食ライフにて貴重なサラダの屋台で注文したもの。サラダ専門店のものだったので、美味しかったです。



イーミィエン



すごくコッテリした感じに見えますが、それほどではないです。個人的にこの類の麺が好きなので、良く注文します。美味しいですよ。



こんな屋台の料理ばかり食べてたら

「体調壊すんじゃね?」

と思われるかもしれませんが、

以前、青年海外協力隊の精密健康診断で
(一次受かって二次は辞退しました)

「貴方はどこの国にでも行けます」

とお医者様からお墨付きを頂いた

自分だから問題ないだけかもしれません。



でも、ヘタレだけに、

「悠長に構えていると、

いつか身体を壊すかもしれない」

と恐れていたりもします。



食生活は見直した方がよいだろうか?

と思う今日このごろです。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上

実は数ヶ月程前から密かに、

あるプロジェクトを進めていました。
(金にもならんアホなプロジェクト)



日本でタブー視されている出会系サイト。

スマホ利用率が最強のシンガポールでは

みんな結構大っぴらに使っています。



例えば、自分の場合は以前、

シンガポール人の友人宅に行った時、

その友達のご兄弟が友人に向かって

「Met online?」とか聞いてたくらい。



結構、硬派で真面目そうな現地人でも

案外使っているんですよね。



というわけで、今回はシンガポールで

大人気の出会系サイト「Tinder」を

レビューします。



さかのぼる事三ヶ月程前の話。

出会系大国シンガポールで一番人気の

出会系サイトを検索しました。



結果は「Tinder」でした。



「これが独身の強みだ」と言わんばかりに

早速インストール。



(これはイメージです)



インストール画面はこんな感じ。





使い方は驚くほど簡単でした。



フェイスブックのアカウントと

連携するので無駄な登録作業はゼロ。



「フェイスブックのアカウントは

使いたくないよ!」

と思われるかもしれませんが、

基本的にTinderが使っている事を

フェイスブックの友人に知らされる事は

ほとんどありません。
(意図的に通知しない限り)



具体的にどのように機能するのか?



FBを使ってログインすると、

フェイスブックのプロフ写真が

ユーザーのプロフ写真として、

アカウントが作成されます。



後は、異性の写真をひたすら

「Like」か「✖」していくだけ。







(緑のLikeメーターがなくなると、無制限を有料で購入できる仕組み。でも買わなくても、Likeメーカーは沢山あるし、一日経てばリフレッシュされます。)



相手が自分の写真にLikeして、

自分も相手の写真にLikeすれば、

「Match」ということで互いに

メッセージが送信できるようになります。





FBのプロフ写真が顔写真であれば、

普通にそのまま連携させて、

適当にLike押してりゃ数人マッチします。



Tinderを始めてみて分かったこと



1.現地人の名前パターンが分かった

・お相手候補は、自分のいる位置から近い人のアカウントから表示されます。自分は基本的はシンガポールに住んでいるので、シンガポール人が表示されるわけですが、このアプリのお陰で「シンガポール人女性の一般的な名前」が分かりました。ちなみに、台湾の台中にいる時も、このアプリを開いてみたのですが、とんでもない事になったのは此処だけの秘密(全部Likeした)(笑)



2.案外日本人も利用していることが判明

・自分がいちいちレビューする必要もないよな、と思わされました。シンガポール在住者の日本人のアカウントも、ちらほら見当たりました。勢い余って名前を確認せず、Likeを押してマッチしてしまった事もあるのですが、英語でメッセするとキョドる感じでした。あと、本当にここだけの話、「写真に家族も写っとるやんけ(笑)」と思われる既婚者のアカウントもありました。みんな結構やってるんですね。



どういう方向性で持っていくか?



このブログはシンガポールの

ローカル生活を応援するブログです。



なので当初は普通に現地人とマッチした後

連絡とって実際に会って許可貰って

レビューしようと考えていました。



しかし、よく考えたら自分の周りには殆ど

「中華系シンガポール人しかいない」

という事に気づきました。
(シンガポール人は中華系だけじゃない)



加えて、マッチするのも、

中華系シンガポール人ばかり。



「そういえば、マレー系の友達がいない。

マレー系の友達が欲しい!欲しい!」



という事で途中から、

「マレーぽい人にひたすらLikeする計画」

を実行していました。

これが、なかなかマッチしないんです。



で、ようやくマレー系と思われる人と

マッチしたところでメッセージを開始。



が、その後、衝撃の事実が判明。



(マレーじゃなくインドネシアンだった)



しかし、この後興味深い事実が判明。



(相手はバタム在住の大学生だった)



バタム島とは?



※バタム島︰ シンガポールの南海岸から約20キロメートルの自由貿易地域に指定されているインドネシア領の島だが、売春等に緩い島としても有名。「バタムで女を買ったらゴムなしでできる(ゴムをつけるという教育も施されていないとか)」らしく、シンガポール人男性(もちろん日本人男性も相当数)が、生でしに行くケースが多い。そのためシンガポールにエイズを持ってくる島という事で、シンガポール政府も問題視している。ここで男性がタクシーに乗ると、タクシーの運ちゃんは、女を買うまで降ろしてくれないらしい(一部のマージンがタクシー運転手に入るとか)。買わずに降りたら、特別料金みたいなの取られるらしい。



というバタムの情報を知っていたので、

「うへぇ、面倒くさい島だな~!」

という事で今まで行こうとはしなかった。



だけど、シンガポールブロガーとして、

バタムは避けては通れない道。



当初は、相手の友達が車を持ってるらしく

こちらもカズとその友達(シンガ女性)と

一緒に行こうと計画していたのですが、

先週金曜に相手から急に連絡があった。



(友達に連絡しようと思ったら定員一名だった)



非常に迷ったけど旅行は、

友達と行くより一人で行く方が好きだ。
(気の赴くがままに好きな所にいけるから)



幸い土曜日は予定もなかったので、

悩んだ挙句にバタムに行くことにした。



というわけで、一泊二日のバタム旅行。

「バタムの素顔」を次回から始めます。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

1年以上
「Sリーグとか興味ないよね?」

シンガポール旅行中のトモコから

前回のドリアン会お誘いの時に、

まとめて誘われたSリーグ。

※Sリーグ︰シンガポールのJリーグのようなもの



そういえば、Sリーグは一度だけ

エリに連れて行ってもらった事がある。

だけど、もう2年以上前の話だ。



実はスポーツの類はあまり好きではない。

だけど、スポーツを見るのは好きだし、

「サッカーのためにシンガポールに来た」

と言っても過言ではないトモコの

応援っぷりを見るのも面白そう。



という訳で、折角お誘い頂いたこともあり

先週木曜日のドリアンを食べた次の日に、

Sリーグ観戦に行くことになりました。



メンバーは主にナショナルホリデー晩餐

コテンパンに打ちのめしてきた女性陣に

毒舌なアラレちゃん加えた顔ぶれ。



場所はジャラン・ベサール・スタジアム。



※ ジャラン・ベサール・スタジアム: シンガポール・ジャラン・ベサール通りにある人工芝の競技場。主にU-23サッカーシンガポール代表がSリーグに参戦する際のホームスタジアムとして用いられている。また、サッカーシンガポール代表の試合に用いられることもある。最寄駅はラベンダー。

引用元:ウィキペディア



試合開始時間は夕方8時からで、

夕方7時にラベンダー駅にて待ち合わせ。



7時に到着したメンバーは、

COLLIN'Sで腹ごしらえをしました。



画像引用元︰フェイスブック



COLLIN'SはSGD10.00前後で、

ボリュームたっぷりの洋食が楽しめる。









価格は忘れたけど何れもSGD10.00前後。

カルボナーラ大盛りを注文しましたが、

別途チャージはされませんでした。
(そのかわり、量が多過ぎて危うくお残しするところでした)



食事中に毒舌なアラレちゃんも合流。

エリは残業らしく大幅に遅れるとのこと。
(日系企業勤務の運命(さだめ)?シンガポール人も残業はします!)



という訳で、お先にスタジアムへ。





ぐるっと裏から回ったこちらが入口。





入場料SGD6.00を払ってチケット入手。





あ・・・あれ?

「グローバルFC 対 ゲイラン・インターナショナル?」



勝手に決めつけていた・・・



日本人が応援するSリーグのチームは、

唯一主に日本人で構成される

アルビレックス新潟シンガポールだと。



アルビレックスの名前がない。



トモコはシンガポールのサッカーチーム

ゲイラン・インターナショナルを
(すごい名前じゃないですか?)

応援しに来たらしい事が後で分かった。



ゲイランと言えば、シンガポール在住者は

誰もが知っている卑猥な特別地域。



そのゲイランをインターナショナルに?



指摘したかった、非常に指摘したかった。

「ゲイラン・インターナショナルさん、

名前が少し、過激すぎませんか?」と。



グローバルFCはどうやらフィリピンの
(日本人も3人混じっているらしい)

サッカーチームらしいです。



とにかく会場に入ると、

試合は既に始まっていました。





ここに来るのは二度目だけど、

人工芝が凄く整っている感じです。





どうやら毒舌なアラレちゃんも、

ここに来るのは二度目なのだとか。





到着した時の点数は0対0。





で、なぜ日本ベースのトモコが

ゲイラン・インターナショナルを
(自分は名前だけで、応援しちゃうけど)

応援しに来たのかというと・・・



昔応援していた日本のあるチームが

解散してしまった後、

メンバーがバラバラになってしまい、

そのメンバーの一部がシンガポールの

ゲイラン・インターナショナルに

移籍になったかららしい。



トモコが応援している移籍になった今の

ゲイラン・インターナショナルの選手?
(以下「GI」とします)





(会場に入るなりトモコが飾ったMY応援旗!気合い入ってます。この後はゲイラン・インターナショナルのユニフォームに着替えに行ってしまいました。)



試合は0対0でほとんど均衡してました。



途中、相手チームのボールが

ゴールに入って焦りましたが、

オフサイドということでノーカウント。
(このルールが未だによくわからん)





それよりも、試合の流れによって、

後ろから聞こえてくるGIサポーターの

会場中に響き渡る猛烈な応援雄叫び、

「ゲイラァァン、ゲイラァァァァン

ゲイラァァァァーーン」がツボにはまり

笑いを堪えるのに必死でした(笑)





毒舌なアラレちゃんもGIサポーターの

声の大きさと迫力に苦笑いしながら、

「怖いね~!」と一言。



怖い応援の甲斐もあってか、

GIの長距離のシュートが炸裂、

点数が入りました。





「やったぁ、点が入った。」

同時にGIの応援歌らしき歌が、

右側から聞こえてきました。



歌詞の大半が「ゲイラン・ボレー」で

構成されているGIの応援歌も、

なかなかツボにハマったものの、

シンガポールのチームが

ゴールしたのはやはり嬉しい。



自分も負けじと「ゲイラン・ボレー」を

一緒に歌っていました。



(トモコから貰ったお土産。使い方を勉強して使います。)



何とか逃げ切って当日の試合はGIの勝ち。





「やったぜ!」





「勝ったぜ!」





「うんまぁ、その・・・何というか、

危なかったかもしれないね。」





この後は、選手と写真を取るために、

入口前に向かうトモコの付き添い。



選手と写真を取るトモコを観察しつつ

「So cute!」という感想を漏らして、

北西の自宅まで帰宅しました。



「スポーツ観戦もたまには良いな。」



後でトモコに聞いたところサッカー選手の

入れ替わりは激しいらしいですが、
(トモコが応援している選手たちも、昔はアルビレックス新潟シンガポールだった)

ゲイラン・インターナショナルという

過激な名前に惹かれてしまいました(笑)



次回はゲイラン・インターナショナル 対

アルビレックス新潟シンガポールを

見に行きたいと思いました。


____________________________

ログランキングに参加中です。できればご協力お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ    

シンガポールの素顔

作者:Xin

シンガポールの素顔

シンガポール現地採用会社員の気ままな日常生活。在シンがポール日系企業から外資系企業に転職し、ローカルライフを満喫しています。当ブログでは日常生活、旅行記、独り言、海外留学、就職情報など発信していきます。

7日 33 総合 2438 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Xinさん新着記事



過去記事

Xinさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 えちごや日記@シンガポール
2位 パソコン・アイフォン修理専門店のスタッフブログ
3位 シンガポールウォーカー
4位 おなかいっぱいシンガポール・セカンド
5位 みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記
6位 海外番組・広告撮影の記録
7位 Lilyのお茶時間inSingapore
8位 世界初‼︎ヘッドスパ・頭皮ケア・髪のトリートメントケアに特化した専門美容室 日本本店@北九州小倉北区


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録