Welcome!

アルビS 海の向こう側での挑戦。

149日前
シンガポールカップ決勝、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 9月の準決勝でバレスティア・カルサを下して2年連続の3度目の決勝進出を決めたアルビS。 今季最終戦はコミュニティシールド、リーグカップ、Sリーグに続いて前人未到の4冠達成を懸けての大一番となる。 アルビSは7月のシンガポールカップ準々決勝第2戦以来の4バック、4-1-4-1のフォーメーションを採用。 GKには守護神GK野澤洋輔。 DFラインは右からDF免田朋己、DF代田敦資、DF藤原賢土、DF田中脩史が4バックを形成。 1ボランチにはDF山田幹也。 そして中盤には右からFW鎌田啓義、MF稲葉修土、MF長崎健人、FW河田篤秀の4人が並ぶ。 1トップはリーグ最終節に続きDF熊田瑠偉が入る。 対戦相手のタンピネス・ローバーズは準決勝ではセレス・ラ・サー(フィリピン)を敗っての2012年以来4年ぶり、7度目の決勝進出を決めた。 2006年以来10年ぶり3度目の優勝を目指す。 今季は6月に前指揮官がシンガポール代表監督に就任したためシーズン途中に監督交代。 リーグ優勝こそ逃したものの新監督のもとでリーグ戦12試合30ゴールと圧倒的な攻撃力で最後までアルビSを追走してきた。 MFジャーメイン・ペナントはもちろん、昨年日本代表を苦しめたGKイズワン・マハブドを始めとしたシンガポール代表14人を抱える布陣はリーグ屈指だ。 今大会が今季タイトル獲得の最後のチャンスとなるだけにこの試合に懸けるモチベーションは今まで以上に高いに違いない。 今季公式戦での対戦成績はアルビSの2勝2敗、4試合で互いに6得点6失点と完全に五分。 しかしながら3日前のリーグ最終節では早い時間帯に先制点を許すとタンピネスの攻撃陣が爆発、5ゴールを献上してしまった。 大敗から中2日だがこの決勝戦に向けて気持ちの切り替えは出来ている。 2月に開幕した2016シーズンもいよいよこの試合が最終戦。 シンガポール史上初の全タイトル制覇へ、舞台は整った。 選手、監督、スタッフ、サポーター、このクラブに関わる全ての人の力を結集し、ここシンガポールに伝説を残そう! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋輔 Yosuke NOZAWA 2 山田幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA 4 代田敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中脩史 Naofumi TANAKA 7 免田朋己 Tomoki MENDA 20 熊田瑠偉 Rui KUMADA(9 三根和起 Kazuki MINE 80’) 6 稲葉修土 Shuto INABA 10 長崎健人 Kento NAGASAKI(8 地頭薗雅弥 Masaya JITOZONO 90’) 13 河田篤秀 Atsushi KAWATA 18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA(14 石山大地 Daichi ISHIYAMA 64’) 《前半開始》 3分、浮き球パスに反応した熊田がオフサイドラインギリギリで左サイドを抜け出す。 熊田は左足で中央に送るが走り込んだ鎌田には届かない。 20 熊田 瑠偉 Rui KUMADA 6分、中央突破から右サイドへ展開されるとそのままシュートを許す。 しかし相手のシュートは枠を越えて事なきを得る。 14分、左CKを与えるとニアサイドへ送られる。 しかしこれは代田がしっかりブロックしシュートを許さない。 16分、左サイドから田中がクロスを送ると熊田が飛び込む。 このセカンドボールをフリーで受けた鎌田が右足ボレーシュートで狙うがゴール左へと外してしまう。 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 18分、左サイドから裏をとられるとそのまま速いクロスを許す。 しかしゴール前でDFが何とかクリアする。 20分、河田が右足で強烈なミドルシュートを放つがGKの正面を突いてしまう。 28分、相手GKがゴールキックをショートパスでDFへ送るとDFはそのままGKへとバックパス。 これに河田がプレッシャーをかけると相手GKからスライディングでボールを奪いそのままゴール!アルビSが先制に成功する! 13 河田 篤秀 Atsushi KAWATA 31分、左サイドから中央へ折り返されるとそのままミドルシュートを許すが野澤洋輔の正面でしっかりキャッチ。 34分、右サイドからのFK。長崎健人が中央へ送ると田中がヘディングで合わせるが枠をとらえず。 39分、右サイドをドリブルで切り込まれるとそのままシュートを許す。 危ない場面だったがこれは左ポストをかすめてサイドネット。失点を免れる。 《前半終了》 《後半開始》 46分、左サイドから田中が速いクロスを送ると熊田が競り合ったこぼれ球を河田が左足で強烈なシュート。 しかし相手GKのファインセーブに防がれ追加点とはならない。 47分、河田が右足で強烈なシュート、しかしこれもサイドネットでゴールならず。 55分、左サイドをドリブルで突破されるとそのままクロスを許す。 ゴール前で触られれば失点というシーンだったがだったが野澤洋輔がキャッチする。 56分、左サイドを突破した鎌田が右足でシュート。 DFに当たったセカンドボールを山田が再び狙うがゴール左へ逸れてしまう。 61分、ゴール正面でFKを与えてしまう。 しかし相手のシュートは野澤の正面を突く。 64分、【交代】18 鎌田啓義 → 14 石山大地 タンピネスは68分、ついにジャーメイン・ペナントを投入し同点を狙う。 74分、右サイドからのFK、長崎のクロスを河田がヘディングで合わせるがゴール左へ逸れてしまう。 80分、【交代】20 熊田瑠偉 → 9 三根和起 84分、右サイドからのFKをニアサイドで合わせられるがヘディングシュートは枠を越えて救われる。 86分、CKのピンチが立て続けに続く。アルビSはこれを何とか凌ぐ。 87分、中盤でボールを奪うとそのままカウンター。 左サイドでボールを受けた石山が右足でファーサイドへクロスを送る。 これを走り込んだ長崎がヘディングで相手GKの頭上を越えるシュートを放ちゴール! アルビSが試合を決定づける追加点を挙げる! 90分、【交代】10 長崎健人 → 8 地頭薗雅弥 試合はそのまま逃げ切ったアルビSが勝利! 《試合終了》 21 野澤 洋輔 Yosuke NOZAWA 2 山田 幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 4 代田 敦資 Atsushi SHIROTA 6 稲葉 修土 Shuto INABA 7 免田 朋己 Tomoki MENDA 9 三根 和起 Kazuki MINE 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA シンガポールカップ2連覇! シンガポール史上初の4冠達成! 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 2 Tampines Rovers FC 0 ■数量限定!!  4冠達成グランドスラムTシャツ限定販売!! ■数量限定!!  Sリーグ初優勝記念Tシャツ限定販売!! ■数量限定!!  長崎健人選手Sリーグ通算100試合出場達成記念グッズ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS
153日前
Sリーグ最終節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。 リーグ初優勝を決めたものの前節のアウェイ最終戦は今季初の3失点で完敗に終わったアルビS。 リーグ最終節は2位タンピネス・ローバーズとの直接対決となる。 アルビSは3-4-2-1のシステムでこの試合の臨む。 GKにはGK笠川永太が3試合ぶりの先発出場。 DFラインは右からDF山田幹也、DF藤原賢土、FW三根和起の3枚。 両サイドは右にDF免田朋己、左にDF矢澤忠晃。 中盤、2ボランチにはMF地頭薗雅弥とMF長崎健人。 2シャドーにはMF乾達朗とMF石山大地。 1トップにはDF熊田瑠偉が入る。 対戦相手のタンピネス・ローバーズは勝点46(14勝4分5敗)の2位。 既に順位は確定しているもののこの最終節、そして29日(土)に開催されるシンガポールカップ決勝とタンピネスとの連戦となる。 シンガポール史上初の4冠達成が懸かる決勝戦に向けてこの試合は前哨戦とも言える。 前節の失敗を繰り返さず、良い形でリーグ最終節を終えてシンガポールカップ決勝へと繋げたい! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 1 笠川永太 Eita KASAGAWA 2 山田幹也 Mikiya YAMADA(18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA 76’) 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA 7 免田朋己 Tomoki MENDA 15 矢澤忠晃 Tadaaki YAZAWA 20 熊田瑠偉 Rui KUMADA(5 田中脩史 Naofumi TANAKA 46’) 8 地頭薗雅弥 Masaya JITOZONO 10 長崎健人 Kento NAGASAKI(6 稲葉修土 Shuto INABA 70’) 11 乾達朗 Tatsuro INUI 14 石山大地 Daichi ISHIYAMA 9 三根和起 Kazuki MINE 《前半開始》 9分、左サイドを突破されクロスを許すとこれをゴール正面ヘディングで合わせられて失点。 アルビSは早くも先制を許してしまう。 12分、乾が左足でのミドルシュートを放つが相手GKの正面を突く。 11 乾 達朗 Tatsuro INUI 25分、免田が距離のあるところから右足で狙うが枠を越えてしまう。 7 免田 朋己 Tomoki MENDA 34分、熊田と石山のパス交換から中央を崩したが石山のラストパスは惜しくも走り込んだ長崎には繋がらない。 38分、またも左サイドからクロスを送られると中央で強烈なヘディングシュートを決められて失点、追加点を許す。 42分、ドリブルで右サイドから切り込まれるとそのままペナルティエリア内へラストパス。 これを落ち着いて決められて3失点目を喫する。 《前半終了》 【交代】20 熊田瑠偉 → 5 田中脩史 《後半開始》 61分、浮き球パスに長崎が抜け出す。 決定的だったが中央へ送ったラストパスは三根には合わない。 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 62分、ペナルティエリア内で相手のシュートが免田に当たるとこれがハンドの判定。PKを与えてしまう。 さらにこのプレーで免田が退場。残り時間を10人で戦うことになってしまう。 64分、このPKを決められて失点し、これで0−4。 67分にはペナルティエリア内からシュートを許すが笠川がファインセーブで弾き出す。 1 笠川 永太 Eita KASAGAWA 70分、【交代】10 長崎健人 → 6 稲葉修土 73分、左サイドからのクロスを中央で合わせられるとゴールライン上で何とか藤原がブロックするがセカンドボールを決められて失点。 0−5と大量リードを奪われてしまう。 76分、【交代】2 山田幹也 → 3 藤原賢土 90分、ゴール正面で三根とのパス交換から石山が右足でグラウンダーのシュートをゴール左隅に決めて1点を返す! 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 数的不利の状況で一矢報いるが、1-5で試合終了。 《試合終了》 2 山田 幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉 修土 Shuto INABA 8 地頭薗 雅弥 Masaya JITOZONO 9 三根 和起 Kazuki MINE 15 矢澤 忠晃 Tadaaki YAZAWA 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA 20 熊田 瑠偉 Rui KUMADA Sリーグ参戦13シーズン目にして悲願の初優勝! 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 1 Tampines Rovers FC 5 ■数量限定!!  Sリーグ初優勝記念Tシャツ限定販売!! ■数量限定!!  長崎健人選手Sリーグ通算100試合出場達成記念グッズ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS
159日前
Sリーグ第23節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はビシャンスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。 前節の勝利で勝点を50(16勝2分4敗)へ伸ばし2試合を残して史上初のリーグ優勝を決めたアルビS。 この試合が今季アウェイ最終戦となる。 アルビSは前節に続き3-5-2のシステム。 GKは守護神のGK野澤洋輔が2試合連続の先発出場。 DFライン前節同様に右からDF藤原賢土、DF代田敦資、FW三根和起。 両サイドは右にFW鎌田啓義、左にはDF田中脩史。 中盤、1ボランチにはMF地頭薗雅弥、2シャドーにはMF稲葉修土とMF長崎健人が復帰。 前線はMF石山大地とFW河田篤秀の2トップ。 対戦相手のホーム・ユナイテッドは勝点34(10勝4分8敗)の4位。 上位3チーム中2チームがAFCカップ出場権のないアルビSとブルネイ・ディーピーエムエムのためこのまま4位以上でシーズンを終えればAFCカップ出場となる。 今節同じく4位を争うホーガン・ユナイテッドとゲイラン・インターナショナルが直接対決を迎えるためホームとしては是が非でもこの試合で勝利をおさめたい。 今季の対戦ではアルビSの3戦3勝と相性は良いがこの試合に懸ける相手のモチベーションも高い。 2試合連続で5ゴールを挙げている強力な攻撃陣には警戒が必要だ。 既にリーグ優勝は決まっているが良い形で今季のアウェイゲームを締めくくりたい! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋輔 Yosuke NOZAWA 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA(7 免田朋己 Tomoki MENDA 46’) 4 代田敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉修土 Shuto INABA 8 地頭薗雅弥 Masaya JITOZONO 10 長崎健人 Kento NAGASAKI 14 石山大地 Daichi ISHIYAMA(11 乾達朗 Tatsuro INUI 56’) 9 三根和起 Kazuki MINE(20 熊田瑠偉 Rui KUMADA 79’) 13 河田篤秀 Atsushi KAWATA 18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA 《前半開始》 6分、河田が倒されるとゴール正面でFKを獲得。 このFKを地頭薗が左足で直接狙うが壁に阻まれて相手GKにキャッチされてしまい前節の再現とはならない。 8 地頭薗 雅弥 Masaya JITOZONO 17分、浮き球でDFラインの裏に抜けられると決定的なピンチ。 GKと1対1となるが相手のシュートを野澤が右足に当てるスーパーセーブ、失点を免れる。 22分、パス交換で中央を突破されてシュートを許すとこれを決められて失点。 開始からなかなかチャンスをつくれないアルビSは先制点を許してしまう。 29分、強力なミドルシュートを許すがこれは野澤が横っ飛びでキャッチする。 35分、右サイドからのCKを地頭薗がファーサイドへ送るが河田には合わない。 44分、河田が左足で強力なミドルシュートを放つが相手DFに阻まれてしまう。 《前半終了》 【交代】3 藤原賢土 → 7 免田朋己 《後半開始》 53分、地頭薗のロングボールを受けた河田が距離のあるところから狙うがシュートは枠を越えてしまう。 56分、【交代】14 石山大地 → 11 乾達朗 56分、左CK、長崎が中央へ送ったボールを相手がヘディング、これがそのままゴールに吸い込まれる! アルビSはオウンゴールながらも後半早い時間帯に同点に追い付くことに成功する! 65分、縦パスで裏へ抜けられてシュートを許す。 野澤が何とか防いだがこぼれ球を押し込まれて失点、追加点を奪われてしまう。 72分、ゴール正面からのFKを長崎が直接狙うが壁に当たり相手GKにキャッチされてしまう。 76分、中盤で奪われるとそのままゴール前まで持ち込まれるが相手のシュートはゴールライン手前で免田がクリア。 79分、【交代】9 三根和起 → 20 熊田瑠偉 86分、左サイドを突破されると中央への折り返しを決められて失点。 試合を決定づける3点目を許してしまう。 89分、前線からの守備で熊田が相手GKからボールを奪うと乾がシュート、しかし相手DFに阻まれてしまいゴールならず。 20 熊田 瑠偉 Rui KUMADA 《試合終了》 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 4 代田 敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉 修土 Shuto INABA 7 免田 朋己 Tomoki MENDA 9 三根 和起 Kazuki MINE 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 11 乾 達朗 Tatsuro INUI 13 河田 篤秀 Atsushi KAWATA 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA 21 野澤 洋輔 Yosuke NOZAWA 今季初の3失点でアウェイ最終戦は完敗に終わる。 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 1 Home United FC 3 ■数量限定!!  Sリーグ初優勝記念Tシャツ限定販売!! ■数量限定!!  長崎健人選手Sリーグ通算100試合出場達成記念グッズ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS
159日前
Sリーグ第22節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。 21試合を終えて勝点47(15勝2分4敗)で首位に立つアルビS、この試合に勝利するとSリーグ加入から13シーズン目にして悲願のリーグ初制覇が決まる。 前節ウォーリアーズ戦は優勝へのプレッシャーから本来のアルビSらしいサッカーを見せられず完敗。 しかしながら今節も同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。 アルビSは3-5-2のシステムでこの試合に臨む。 GKには守護神のGK野澤洋輔がリーグ戦3試合ぶりの先発復帰。 DFラインは右からDF藤原賢土、DF代田敦資、FW三根和起の3枚。 両サイドは今節も右にFW鎌田啓義、左にはDF田中脩史。 中盤、1ボランチにはMF地頭薗雅弥、2シャドーにはMF稲葉修土とMF石山大地が入る。 前線はDF熊田瑠偉とFW河田篤秀が2トップを組む。 対戦相手のホーガン・ユナイテッドは勝点32(9勝5分7敗)の4位。 昨季は最下位に終わったホーガンだが今季は3試合を残してAFCカップ出場圏内も狙える好位置につけている。 今季の対戦は2戦2勝と相性は良いが今節もアルビS卒業生のMF木暮郁哉を起点とした攻撃陣には警戒しなければならない。 2004年のSリーグ参入から13年、歴史的瞬間をサポーターと共に迎えたい! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 21 野澤洋輔 Yosuke NOZAWA 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA 4 代田敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中脩史 Naofumi TANAKA 20 熊田瑠偉 Rui KUMADA(11 乾達朗 Tatsuro INUI 77’) 6 稲葉修土 Shuto INABA 8 地頭薗雅弥 Masaya JITOZONO(2 山田幹也 Mikiya YAMADA 68’) 14 石山大地 Daichi ISHIYAMA(7 免田朋己 Tomoki MENDA 89’) 9 三根和起 Kazuki MINE 13 河田篤秀 Atsushi KAWATA 18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA 《前半開始》 3分、河田が早速ロングシュートを放つが枠を越えてしまう。 4分、代田の鋭いロングボールに河田が抜け出すと相手GKとの1対1を迎える。 これを河田が右足で落ち着いて決めてゴール!リーグ初優勝が懸かるアルビSが開始早々に先制点を奪う! 8分、ゴール正面で河田が倒されてFKを獲得。 これを地頭薗が左足で狙うと右ポストの内側をかすめてゴール右隅へ吸い込まれる! アルビSが連続ゴールで早くも追加点を挙げる! 14分、右サイド鎌田のロングフィードに抜け出した河田がシュートを放つがこれは枠を捉えられず。 17分、右サイドから中央へ送られるとシュートを許す。 危ない場面だったが相手のシュートは枠の右へ逸れる。 19分には石山がゴール正面から右足で強烈なミドルシュートを放つが惜しくもゴール右隅へと外れる。 24分、左サイドでFKを与えるとホーガンのキッカーは木暮。 中央へのクロスからヘディングシュートを許すが枠を外れて事なきを得る。 27分、右サイドから稲葉がアーリークロスを送ると左サイドから走り込んだ田中がボレーシュート。 決定的なシーンだったが相手GKの好セーブに弾き出されてしまう。 32分、左サイドを強引なドリブルで突破した河田が中央へ送ると熊田が左足でゴール右隅へ流し込みゴール! 攻撃陣が爆発しアルビSが前半のうちに3点目を奪うことに成功する! 42分、右サイドを突破されてシュートを許すが野澤が落ち着いて弾き出し失点を許さない。 43分、地頭薗の浮き球パスをペナルティエリア内で受けた河田が切り返しから左足でループシュート。 いい形だったがこれはわずかにクロスバーの上に外れる。 《前半終了》 《後半開始》 後半に入ると試合開始のホイッスルと同時に雷雨が降り始める。 木暮 郁哉 Fumiya KOGURE 52分、雷警報のため試合は約50分間の中断を余儀なくされる。 試合再開となった53分、まずはロングボールを熊田が落とすと河田がミドルシュート。 しかしゴール左へと逸れてしまう。 57分、ゴール正面から強烈なミドルシュートを許すが野澤が正面でしっかりとキャッチ。 59分、地頭薗が左足でミドルシュートを放つが枠を越えてしまう。 8 地頭薗 雅弥 Masaya JITOZONO 61分、河田のスルーパスに熊田が抜け出すと中央へと送る。 最後は走り込んだ石山が右足で狙うがシュートは枠をとらえず。 62分、右サイドを突破した鎌田が中央へ送ると左サイドから走り込んだ田中がヘディングシュート。 決まったかと思われたが相手DFに阻まれてこれもゴールとはならない。 68分、【交代】8 地頭薗雅弥 → 2 山田幹也 75分、石山が強烈なミドルシュートを放つが相手GKの好セーブに防がれてしまう。 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 76分、CKのこぼれ球を山田が右足で狙う。 強烈なシュートだったが相手GKの正面を突いてしまう。 77分、【交代】20 熊田瑠偉 → 11 乾達朗 89分、【交代】14 石山大地 → 7 免田朋己 アディショナルタイム、河田のスルーパスに抜け出した乾が相手GKをかわしてシュートを放ったが戻った相手DFにクリアされてしまう。 《試合終了》 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 4 代田 敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉 修土 Shuto INABA 7 免田 朋己 Tomoki MENDA 9 三根 和起 Kazuki MINE 11 乾 達朗 Tatsuro INUI 13 河田 篤秀 Atsushi KAWATA 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA 20 熊田 瑠偉 Rui KUMADA 21 野澤 洋輔 Yosuke NOZAWA 2004年のSリーグ参戦から13シーズン目にして悲願のリーグ初優勝! 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 3 Hougang United FC 0 ■数量限定!!  Sリーグ初優勝記念Tシャツ限定販売!! ■数量限定!!  長崎健人選手Sリーグ通算100試合出場達成記念グッズ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS
179日前
Sリーグ第21節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランべサルスタジアムでウォーリアーズと対戦。 4試合を残して勝点47(15勝2分3敗)で首位に立つアルビS、いよいよクラブ史上初のリーグ制覇が見えてきた。 この試合に勝利し、明日2位のタンピネス・ローバーズがブルネイDPMMに敗れるとアルビSのリーグ優勝が決まる。 優勝へ向けてプレッシャーのかかる試合だがアルビSらしいサッカーで9月最終戦を飾りたい。 アルビSはこの試合も3-4-2-1のシステムを採用。 GKは公式戦3試合連続完封中のGK笠川永太がリーグ戦2試合連続の先発出場。 DFラインは右からDF山田幹也、DF代田敦資、DF藤原賢土の3枚。 両サイドは右にFW鎌田啓義、左にはDF田中脩史。 中盤、2ボランチはMF稲葉修土とこの試合でSリーグ通算100試合出場となるMF長崎健人。 前線の3枚にはMF乾達朗、MF石山大地、そして出場停止明けのFW河田篤秀が1トップの位置に入る。 DF熊田瑠偉は累積警告のため出場停止となっている。 対戦相手のウォーリアーズは勝点22(5勝7分9敗)の7位。 ここまでわずか5勝とかつての強豪はシーズン終盤まで苦しい戦いが続いている。 しかしながら今季の直接対決では1勝1敗、3月のリーグ戦ではここジャランべサルスタジアムで今季初黒星を喫してしまった。 また6月のホームゲームでは2点差を追い付かれるなど相性はあまり良いとは言えない。 アルビS卒業生のDF福田健人を中心とした守備陣、そして強力な攻撃陣を抑えて勝利を収めたい。 2月に開幕したシーズンも残り1ヶ月、Sリーグ初制覇に向けてラストスパートをかけたい! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 1 笠川永太 Eita KASAGAWA 2 山田幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA 4 代田敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉修土 Shuto INABA 10 長崎健人 Kento NAGASAKI 11 乾達朗 Tatsuro INUI 14 石山大地 Daichi ISHIYAMA(9 三根和起 Kazuki MINE 72’) 13 河田篤秀 Atsushi KAWATA 18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA(8 地頭薗雅弥 Masaya ZITOZONO 59’) 《前半開始》 7分、右サイドでボールを受けた稲葉がドリブル突破から右足でシュートを放つも相手DFに阻まれる。 このボールが跳ね返ったところを拾った河田が右足で狙うが相手GKの正面を突いてしまう。 6 稲葉 修土 Shuto INABA 9分、左サイドからロングスローを入れられるとこれを直接ヘディングシュートで決められてしまう。 リーグ戦20試合で14失点と堅守を誇るアルビSだが開始早々に失点を喫してしまう。 12分、右サイドから鎌田が右足でクロスを送る。 これを中央で河田がヘディングシュートで狙うがクロスバーに弾かれ同点とはならない。 18分、ゴール前右45度から乾が左足でシュート。 際どいコースに飛んだが僅かにゴール左へ外れてしまう。 36分、長崎が横パスを送るとDFラインから上がってきた藤原が左足でミドルシュート。 しかしこれも枠をとらえず同点とはならない。 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 37分、右サイドからのCK、乾が中央へ送るとゴール前で混戦となる。 こぼれ球を田中が左足で思い切り狙うが相手DFの身体を張ったブロックに阻まれてしまう。 43分、カウンターから左サイドを突破されると中央へ送られる。 危ない場面だったが戻った山田がクリアし、そのまま前半終了。 2 山田 幹也 Mikiya YAMADA 《前半終了》 《後半開始》 52分、右サイド乾のクロスを中央で河田が落とすと稲葉が左足で強烈なシュートを放つ。 しかしこれは相手GKに弾き出されてしまう。 55分、左サイドから石山が右足でクロス、河田がヘディングで合わせるがシュートはゴール右へ逸れてしまう。 56分、右サイドを突破されて強烈なシュートを許すが笠川が抜群の反応で弾き出し追加点は許さない。 1 笠川 永太 Eita KASAGAWA 59分、乾が右サイドをオーバーラップし山田へ送るとそのまま右足でクロスを送る。 石山が飛び込むがヘディングシュートは枠をとらえずこれもゴールに至らない。 59分、【交代】18 鎌田啓義 → 8 地頭薗雅弥 60分、交代直後の地頭薗が強烈なミドルシュートを放つが僅かにゴール右へ逸れてしまう。 8 地頭薗 雅弥 Masaya JITOZONO 68分、右サイドからのCKを地頭薗が中央へ送ると代田が飛び込む、身体に当たったボールはゴール方向へ飛んだが枠を越えてしまう。 72分、【交代】14 石山大地 → 9 三根和起 77分、高い位置でボールを奪うと三根のパスを受けた河田が右足でシュート。 ファーサイドを狙ったがこれも枠を外してしまう。 84分、右サイドから地頭薗がクロスを送ると三根と競り合った相手GKがパンチングでクリア。 これを拾った乾が左足で狙うがゴール右へ僅かに逸れてしまう。 アルビSは再三のシュートを放つもなかなかゴールに結び付けられない。 11 乾 達朗 Tatsuro INUI 86分、左サイドからのCKを中央に送られるとヘディングで合わせられ失点。 試合終盤に痛恨の追加点を許してしまう。 《試合終了》 4 代田 敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 13 河田 篤秀 Atsushi KAWATA 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA この試合でSリーグ通算100試合出場を達成した長崎健人選手! 最後までゴールを奪えず、今季4敗目。リーグ初優勝へ王手とはならず。 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 0 Warriors FC 2 ■数量限定!!  長崎健人選手Sリーグ通算100試合出場達成記念グッズ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS

アルビS 海の向こう側での挑戦。

作者:アルビレックス新潟シンガポール

アルビS 海の向こう側での挑戦。

2004年からシンガポールのプロサッカーリーグ・Sリーグに参戦している、アルビレックス新潟シンガポール。夢と現実の厳しさと葛藤しながら、それでも夢を追いかける選手とチームの熱い想い。共に夢を追いかけるフロントスタッフが、現地での選手の生活やサッカー情報、そしてシンガポールの見所などを紹介していきます。http://www.albirex.com.sg/

7日 1237 総合 9029 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



アルビレックス新潟シンガポールさん新着記事



過去記事

アルビレックス新潟シンガポールさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アルビS 海の向こう側での挑戦。
2位 えちごや日記@シンガポール
3位 シンガポールウォーカー
4位 拝啓、同じ空の下から
5位 世界初‼︎ヘッドスパ・頭皮ケア・髪のトリートメントケアに特化した専門美容室 日本本店@北九州小倉北区
6位 香るLeoな毎日-自分巨大化計画 in シンガポール
7位 シンガポールで毎日もたれてる
8位 シンガポール単身赴任日記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録