Welcome!

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

1年以上
シンガポールに暮らした12年間に私は6回の引越しをしています。

シンガポールに渡ったのは今と同じく家賃高騰の1996年。コンドミニアムを丸々一戸借りたら現地採用者の平均給与が家賃で飛んでしまうという時代でした。

苦肉の策として最初に選んだのはオーチャードロードに徒歩5分、アメリカ大使館の正面という立地だけは素晴らしいものの、築30年のエレベーターもないアパート。ここをスウェーデン人の女性と香港人の女性とそれぞれ一部屋づつ借りて共同で住んでいました。といってもこちらの住宅はいわゆる欧米仕様ですし、古いアパートだけに広々。リビングは軽く20畳、キッチンが10畳程度、私の住んでいた部屋も10畳程度に専用のシャワーとトイレが付いていました。

こうした住み方をこちらではフラットシェアと呼びます。大家さんは同居しておらず、それぞれが決められた家賃を毎月支払い、公共料金は3人で分割して払っていました。日本では「他人と同居するなんて」と抵抗があるかもしれませんが、こちらの住宅では広さがあることから極めて一般的なことです。

で、当時の家賃が850ドル。便利な立地かつ高級住宅街だっただけに少々割高だったのかもしれません。まだ、何もわからない頃でしたので、とにかく中心地に近く便利なところで、と考えたのでした。後からわかったのは、シンガポールはどこに住もうと勤務先(当時はシティホール。ラッフルズホテルのすぐ近くでした)まで通勤に1時間以内で充分行けるということ。わざわざ高い家賃で中心地に住む必要などなかったのですね。それでも会社の帰りにオーチャードをぶらぶら散歩して、そのまま歩いて帰途に着く、というスタイルは気に入っていました。近くには植物園もあり、休日にはジョギングしたりして中心部ながらも環境は最高でしたね。

さて、今回から数回に渡ってシンガポールの住宅事情と引越しについてお話しいたしましょう。

住むところは大切ですよね。家賃は毎月の固定費となりますし、初めてシンガポールに引っ越す方は何を持っていけばよくて何はいらないのかもわからないですよね。そして何よりも、慣れない環境で生活するにあたり少しでもくつろげる住まいを見つけるのは、仕事をしていく上でも大切になってきます。

ここしばらくブログ更新が疎かになっていましたが、今日からは連続で書いていきますので毎日ご覧になってくださいね!(と、大見得を切ってしまいました、頑張ります)。

☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆完全無料でご相談を承ります。



1年以上
今日からシンガポールはChinese New Year(旧正月)。

当地にいらっしゃらない方には耳慣れない言葉でしょう。
シンガポールの人口の7割以上は中華系民族(華人)。彼らのお正月は陰暦に沿ったお正月なので、毎年日が変わります。今年は2月7日、8日。9日と10日は土日にあたりますから、7日からの四連休になります。

シンガポールでは民族ごとにお正月があるのです。その中でもこの旧正月が一番国をあげてのお正月と言えるでしょう。

ちなみに1月1日はEnglish New Yearと呼んだりします。こちらはあっさりしていて、原則的に12月31日までは通常営業日ですし、一応、1日は祝日ですが2日からは通常業務。シンガポールに来た当初は何とも寂しかったですね。日本人にとっては年末に「行く年来る年」としんみり一年を振り返り、元旦は厳かな気分で迎えるのが通常ですから。

旧正月中はタクシーもまばらなほど、街中が静まり返ります。ファーストフード店も旧正月初日はまずお休み。2日目から時間を短縮して営業するところもありますが、その2日間はまともに買い物はできないと心得た方がいいでしょう。

思い出すのは12年前、初めてシンガポールで迎えた旧正月。
前日までに食料の買い置きをしていなかった私は2日間、パンとシリアル、フルーツで過ごしました。以来、旅行に出かけない旧正月はダイエット期間として胃を休めようと建設的(?)に考えることにしたのですが...それも旧正月明けにオフィス仲間とお祝いランチをしてお腹一杯いただくのであまり効果はなかったかも。

旧正月中はおめでたい赤を着る習慣があるので、私のクローゼットにも毎年1着づつ赤のドレスが増えていきました。

では、改めまして皆様、新年おめでとうございます。益々、良い1年となりますようお互いに頑張りましょうね。


☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆
完全無料でご相談を承ります。



1年以上
先日、この度シンガポールで就職が決まったA氏と食事をする機会がありました。A氏の希望でイーストコーストでシーフードを食べようということになり、久々にイーストコーストパークを散歩しながらお目当てのレストランに出かけました。

ちょうど週末ということもあり、公園には家族連れや友人同士、カップルが思い思いのスポーツに興じていて、やしの木の向こうには海が見え...日本から来たばかりのA氏にはそれらがとても新鮮に映ったようです。

予約をしていなかったので早めにレストランに入り、注文をし、新しい職場でのこと、部屋探しのことなどあれこれお喋りが盛り上がった頃。ふと見回すと、がらんとしていた2階のフロアがみるみるうちに満席に。最初は10人掛けの大きな円卓を眺めて、「あんなにいっぱいお客さん来るものなんですかね?」と言っていたA氏も驚くほどの家族連れが。

10掛けのテーブル2卓を占領した家族もいて、大げさに言えばシンガポーリアンの家族の絆を実感してしまいました。「なんか、いいですねー。日本じゃ最近こんなにして一緒にご飯食べないですからねー」と、A氏、ちょっと嬉しそうな、そして懐かしそうな笑顔。

共働き夫婦が多く、子供たちも学校や習い事で忙しいのが日常のシンガポールの一般家庭。でも、週末や行事の際はこうして全員が和気藹々と食卓を囲んでお喋りしながら食事を楽しむ。かつては当たり前だった家族の幸せみたいなものが目の前で繰り広げられていて、私もちょっと嬉しく、懐かしく、そしてしんみりしてしまいました。

日本では映画「ALWAYS三丁目の夕陽」の1作目が日本アカデミー賞を総なめにするヒット、続く2作目も大好評を博したと聞きます。家族という核をしっかり守って貧しいながらも地道に明日に向かって日本が生きてきた高度成長期の人々をユーモラスに描いた映画です。

日本は豊かになったけど、毎日のように変質者的殺人事件が相次ぎ、どこかで人間が壊れてしまったと感じているのは私だけでしょうか。シンガポールも日に日にその姿に近づいていくのかもしれませんが、それでも今のシンガポールにはまだまだ心温まる家族像を見ることができます。

それにしてもシンガポーリアン家族の食卓...相変わらず賑やか(大騒ぎ?)でしたね。
1年以上
平均気温28℃のシンガポールから一転して極寒の東京に参りました。
到着した日は「大寒」。
一年で最も寒い日にふさわしく、成田到着時に震え上がりました。

23日は雪にもかかわらず、予定通りの人数のご参加をいただきまして誠にありがとうございました。23日、27日ともに約20名のご参加をいただき、「相談会」の名前の通り、活発な質疑応答、体験談などが飛び交いました。

今回、具体的にシンガポール就職への第一歩を踏み出す決心をされた方々とは、今後、個別にカウンセリングを行い、ご希望のキャリアに踏み出せるよう細かくアドバイスさせていただきます。

そして、これは相談会の中でもご紹介いたしましたが、「シンガポールのプライムサーチに国際電話をかけて相談するのも色々大変だし」とお悩みの方には、スカイプを利用した無料通話で時間を気にせずカウンセリングすることも可能ですので、まだ試していない方は是非、この機会に利用してみてください。

詳しくは下記からアクセスして使い方を覚えてください。
http://www.skype.com/intl/ja/welcomeback/
シンガポールというより海外そのものが非常に身近に感じられるようになると思います。
スカイプの利用者となりましたらスカイプIDとカウンセリング希望日、時刻を当社にお知らせいただければこちらからコンタクトいたします。

シンガポールはもうすぐ旧正月(Chinese New Year)。
ビジネス全体がスローダウンする時期だけに、この時期はあまり動きがないのですが、旧正月明けに転職する人が増える傾向がありますので、そのタイミングで欠員募集が増える可能性は大です。非公開求人も充分ありますので、今すぐの転職でなくとも、一度当社にご相談いただければ、求人案件が一般公開される前に応募することもできます。

今後も定期的に日本での就職相談会を開催してまいりますので、今回お越しになれなかった方も是非、次回はいらしてくださいね。


1年以上
先日、シンガポールにある日本の100円ショップに行ってきました オーチャードMRT(地下鉄)駅から2駅のドービーゴートの駅の真上にあるショッピングセンター・プラザシンガプーラに入っている日本のDAISOというお店です。

日本のDAISOのお店にいらした方は良くわかると思いますが、文具、洗剤、収納小物、衣類、化粧品、洗面用品、ガーデニングやペット用品まで、ありとあらゆる物が見つかるお店です。懐かしい日本のお菓子や調味料も揃っています。 ここでは100円ではなく2シンガポールドル(160円ぐらい)均一。一部除外品もあるようですが、9割以上がその値段で売られています。 

私がシンガポールで働き始めた1996年ごろは、シンガポールはまだ外国、それもアジア、という感じでした。 欧米の化粧品などは一流ブランドが日本より安く買えましたが、日本ならではのちょっとした生活小物類(油取り紙、収納便利グッズ、キッチン用品など)が手に入らず、日本へ帰国するたびに100円ショップで買い込んできたものでした。 ドアストッパーや消臭剤、粘着ロールの衣服クリーナーなど、親に「何でこんなものばかり買い込んでいくの?」と不思議がられたものですが、こうした「あれば便利」というグッズが乏しかったのです。

それが、今はなんと日本のその辺の100円ショップより品揃えがありそうなシンガポールのDAISO。表示も日本語のままですし、店員さんは「いらっしゃいませ~」「ありがとございました~」と、一瞬ここは日本かと思うほど。

シンガポールに住み始めた頃はどこか肩に力が入っていて、自分をローカル化することに必死でした。ローカルフードを食べ、ローカルTV番組を観て・・・ でも、数年経って感じたのは自分はやはり日本人。和食が恋しくもなれば日本のドラマもTVで観たい。ファッション雑誌はどうしても紀伊国屋へ行って日本の雑誌を買ってしまう。日本人の生活スタイルを引き摺って暮らすことに戸惑いがあった時期もありました。でも、今はこれでいいんだ、と割り切っています。

シンガポールは東西文化が混在している国際都市。それぞれのルーツを意識しながら、マイペースで無理なく生活していける場所です。 3食ローカルフードでもよし、朝はご飯に味噌汁、昼はローカルフードを食べ、夜はワインを楽しみながらイタリアンでもいいし、居酒屋で焼き鳥とサワーで一杯やっても良い。ここはどんな国籍、人種でも受け入れてくれる国際都市なのだから。

紀伊国屋では日本の本や雑誌がほとんど買えるし、日本の番組はケーブルTVやインターネットで観られます。日系スーパーに行けば日本のスーパーと変わらない品揃えで純和食も作れます。シンガポールスタイルで暮らすことに疲れたら、ちょっと日本人に戻ってみればよいのです。

自分のルーツを否定せずに無理せず暮らすこと。
これが海外生活を長続きさせるコツなのではないかと思います。


それにしても常夏のシンガポールでホッカイロは需要があるんだろうか?
日本語表示ばかりのDAISOで勘を頼りにたくましく買い物をしているシンガポール人。
う~ん、華僑のサバイバル能力はやはりスゴイと脱帽でした。



☆☆お知らせ☆☆
当ブログの筆者が代表を務めるプライムサーチインターナショナルでは、1月に東京で「シンガポール就職相談会」を開催します。詳しくは、プライムサーチインターナショナルのホームページ、TOPページ「お知らせ」をご覧下さい。

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

作者:Chiaki Kawamura

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

アジアの玄関シンガポールに暮らして早10年。海外就職、リストラ、海外転職、日本(逆)駐在の波乱万丈を乗り越えて、シンガポールに人材サーチ会社を設立。夢は大きくワールドワイド。世界に羽ばたくチャレンジャーのために。そんな日本人女性経営者の異文化日記。

7日 15 総合 3494 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Chiaki Kawamuraさん新着記事



過去記事

Chiaki Kawamuraさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 パソコン・アイフォン修理専門店のスタッフブログ
2位 ジイとワンコとマーライオンと
3位 Lilyのお茶時間inSingapore
4位 シンガポールの素顔
5位 100%シンガポールライフ (旅行と写真) Singapore life
6位 シンガポールでヘアスタイリスト
7位 えちごや日記@シンガポール
8位 ☆もうさんの星星見聞録☆


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録