Welcome!

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

1年以上
シンガポールで仕事をするようになって気づくことのひとつに、「日本人はネゴ(ネゴシエーション)をしない」または「したがらない」ということです。

反面、こちらのシンガポール人は時として「そんな無茶な~」と思えるほど強引にネゴをして言い分を通そうとする面もありますので、これもひとつの文化の違い。どちらが良いとか悪いとかの話ではありません。ただ、ネゴシエーションというより単に自分の要求を通そうと頑張る方も多いので、これをネゴシエーションと呼ぶべきかどうかはまた別の話です。

特に条件交渉などの場面でこの傾向が顕著に表れるようですね。
日本人はお金で揉めるのは見苦しいという美意識があるからでしょうか。
片やシンガポール人は「転職する以上、給与アップは当然」と考えます。ステップアップのための転職なら当然責任範囲も広がり、それに見合う待遇を求めてくる。同時に新しい環境へ入り不慣れな環境の中で早期に実力発揮を求められるというリスクを取るということだから、そのリスク相殺分はしっかりいただかなければという考えに裏づけされているようです(と、同時に企業側も「まだ未知数である相手」に賭けるわけですからお互いにリスクテイクする立場にあるのですが。たまにこの点については忘れている候補者もいるようです)。

日本人の候補者の方を面接していて「給与金額について具体的なご希望はおありですか?」と聞くと、「いや、先方企業から見て妥当と思われる給与で結構です」と答えられる方がいます。とはいえ、その方の家族構成などから考えてシンガポールで生活をしていくのに最低限必要な額というのはおのずと見えてくるはずです。そうした生活維持コストを試算できていれば、そしてその業界で経験があり給与相場もそれなりにわかっているならば、この段階で「先方の考える額で」ということ自体が誤りなのです。この一件で面接をする側はその人に冷静な判断力があるかどうかを見てしまいます。

当社も業界ごと、ポジションごとに大体の給与相場は把握しておりますので、明らかに常識はずれの「ふっかけてるな」的金額ならば、まずはその算出根拠を尋ねて軌道修正します。「先方様だのみ」で話が続き、最終的に企業からオファーが出た後、「よくよく考えてみたらこの金額では」という返事になると、その方の判断のタイミング、思慮の浅さを感じざるを得ないのです。

これは候補者側だけではなく、企業側にも同じことが言えます。かなり前のことですが、候補者側の前回給与を若干下回るオファーを出された企業がありました。これはその組織中、当該ポジションの上下に位置する給与額が固まっている中での算出であり、それ自体を変更することが難しかった例です。「この候補者は採りたい。でも給与はここまでしか出せない」の一点張り。そんな条件を伝書鳩のように候補者に伝えるのはコンサルタントのプライドに関わるというもの。

そこで企業側と話合った結果、試用期間後の給与見直しでも若干のアップしか図れない事情があるため、この社員についてはビジネスディベロップメント職ということもあり、別途、インセンティブ契約を取り付けました。単純に売上に対して何パーセントというインセンティブではなく、マネジメント項目も含めて全てポイント制にし、それをインセンティブに振り返るというスキームです。企業にとっても実質的な成果を上げた中から拠出される金額なので社内的な承認も得られた例でした。

ネゴシエーションというのは、最終的には共存共栄、WIN WINの状況を作り出すものでなければならないと思います。単に押しの強さだけで交渉力があると思うのも間違いですし、相手の状況を考えずに要求を通すことでもないと思うのです。相手に負担を強いずにどうしたら自分の要求が通るか。

交渉上手というのはどれだけクリエイティブな頭を持っているかなのではないでしょうか。
そして真の交渉上手というのは、どこまでいっても笑顔で粘り強く交渉を重ねてきます。
相手をリラックスさせ、態度を硬直化させない術も熟知している。
それは単に相手の顔色を見ながら感情に訴えた駆け引きを繰り返すこととは根本的に異なると思うのです。
否定的な表現より肯定的表現を多用するというのも言葉の選択で重要な点です。
「これじゃ出来ません」→「こうすればできます」と提案を含んだ言い方です。


とは言うもの、やはりネゴシエーションは難しい。
マニュアルがあっても参考程度にしかならないものです。
相手の考えを複数シュミレーションする想像力と、自分の希望する条件に優先順序をつけられる判断力、昨今言われるKYではありませんが、その場の空気を読める勘の良さ。
自分を殺さずにかつ相手も尊重する人としての品性。


一朝一夕には身に付かないものだけに、常日頃、様々な場で自分を訓練してみることが必要なのかもしれませんね。


☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆
完全無料でご相談を承ります。

1年以上
昨日、シンガポールの日本語FM局で対談番組の収録をしてきました。
シンガポールにはなんと日本語FM局があるのですよ。

シンガポールとその周辺国の日本語電話帳や生活情報紙を発行しているCOMMプライベートリミテッドという会社がやっていらっしゃいます。この会社を興した森氏は、海外引越や広告業、レストラン経営など海外で暮らす日本人が求めるサービスを早期に発見され、今やその多角経営ビジネスでシンガポールでは最も成功されたビジネスマンと言える方でしょう。彼のブログ、「オレ森だけど聞きたいことある?」にはそのダイナミックな半生が面白く語られています。

そんな森会長との15分対談。
気さくなお人柄ですし何度もお目にかかっていますので対談自体の緊張はなかったのですが、それにしてもあのOn Airと書かれたランプのあるスタジオ、やはり普通の人間にとっては異空間ですよね。幸い生放送ではないので、最悪トチったら技術担当の方に泣きついて修正、編集していただこうと腹をくくり、いざスタジオへ。

「朝の番組だから明るくさわやかにいきましょうね」という森氏の言葉に従って、午後3時なのに「おはようございま~す」と始まりました。ああ、昔、イーストコーストに住んでいた頃は車でECPを走りながら通勤途中にこれを聞いていたんだな...と、通勤途中の方々を思い浮かべながら思い切りさわやかな声を出したら、ちょっと上ずったかも。

森氏による紹介から始まり、まずは会社のこと。
数ある日系人材紹介会社の中にあってプライムサーチインターナショナルとしての特徴を申し上げました。
マネジャーポジションを目指す方とホテル、レストランなどのホスピタリティ産業に重点を置いたご紹介を行っていることなど。

その後、私の以前の会社の東京勤務中に体験した捨て犬保護活動のボランティア、そしてアメリカの事例からのちょっと面白い話(全部はここでは書きませんよ~、先のお楽しみということで)。

私が勝手に自分への応援歌としている竹内まりやさんの曲も紹介させていただきました。
私は本来はクラシックとジャズ派。で、日本の歌になるといきなり演歌派になるのですが、日本語番組でジャズを朝から聴くのもねぇ...ましては朝からこぶしの利いた演歌はないだろうと思い、大好きな竹内まりやさんになったわけです。

それにしても森氏の語り口のお上手なこと。うま~く私の話したいことを引き出して下さり感謝、感謝。
日頃、インタビュー(面接)をする側なのですが、たまにはこうしてインタビューされてみるのも面白いですね。

シンガポールにいらっしゃるかたは是非お聴きになってみてくださいね。
3月10日(月) 朝8:15~8:30 
FM96.3 
インターネットを使ってもお聴きいただけますよ

http://www.international963.sg/webradio.asp?varKey=01032885010


☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆
完全無料でご相談を承ります。

1年以上
シンガポールの公用語は英語です。
と言うのに少々悩んでしまうくらい、シンガポール英語、俗称シングリッシュはマレーや中国語の訛りがかなり入っているのですが。

以前に勤めた会社で、イギリス人の同僚が「まいっちゃうよね~、シングリッシュが聞き取れないと真面目に英語わかる?とかきいてくるんだから」と苦笑いしていました。ま、ノン・ネイティブの私たちにとっては相手もちゃんとした英語を話していないわけだから気負わずに話せる環境ではありますね。

それでもここの人達はハリウッド映画を字幕無しで理解できているわけだから、やはり英語力はそれなりにあるのです。以前に勤めた会社ではお客様には日本人の方がいらっしゃいましたが、一時期、社内では日本人は私だけという状況もありましたから、朝から晩まで英語漬けでした。会議やレポートを全て英語でこなすのは慣れるまでは大変でした。日本語が妙に懐かしく、こちらの紀伊国屋書店に入り浸ったりNHKの衛星放送のナントカ歌のステージなどを見て演歌を一緒に歌ってたり(傍目には危ない人??)...それなりに苦労もありました。

今では上手いとは思えませんが、一応、テレビの英語ニュースは問題なく聞き取れます。東京で勤務していたときはお客様が欧米企業からの駐在員でしたので、プレゼンテーションは全て英語。その環境も英語力を鍛えるには役立ちました(シングリッシュではなくまともな英語を話さなければならないプレッシャーも英語矯正力として働きました)。

よく「英語力をつけるにはどうすればいいんですか?」と質問されるのですが、これは一定期間マニアックに英語にハマるしかないです。また、英語は耳からとも言いますが、それでもある程度の文法(会話だけなら中学3年レベルで充分)とボキャブラリーがないと上達も遅くなると思います。実は私はNHK教育テレビのファンで、東京滞在中は英語やその他の外国語のプログラムをよく流して見ていました。教え方、上手いですよ、飽きないし。一度、きちんとやろうと思ったら、中学3年までの文法参考書を2週間ぐらいで徹底してやっつけてしまうのも手です。どんなに苦手という人でもさすがに中学1年レベルは流し読みで良いと思いますので、中2、中3の部分をきちんとこなすことです。これもだらだらやらないで、半月ぐらいでやり終えてしまうのがベストです。

耳を慣らすのに私が取った方法は、わかりやすいアメリカのホームドラマ(子供が出てくるドラマの方が言葉が平易)のビデオを借りてきて、何十回も流して観ることです。私は3回目あたりからテレビ画面の下部5センチぐらいに紙を張って字幕を隠して観ました。今はDVDですから字幕OFFに設定すれば良いですよね。こうして徹底的に繰り返して観るのです。だからある程度内容に興味があるビデオの方が飽きずに済みます。

この方法で私が観た映画は「ワーキング・ガール」「ウォール街」「セントエルモスファイヤー」「キューティブロンド」「トゥルーカラーズ」「アメリカンプレジデント」「DAVE」「ボーン・イェスタディ」...オフィスドラマ物、青春ドラマ物、ラブコメ物が多かったですね。あっ、80~90年代の話だから映画自体がちょっと古いか...

要は何でもいいのです。とにかくどの映画も軽く30回は観ています。マイケル・ダグラスの大ファン(最近はジョージ・クルーニーに代わりましたが)ですから彼の出ているウォール街、アメリカンプレジデントはそれこそ台詞を覚えるまで繰り返しました。両方の映画ともに後半に彼がスピーチ(ウォール街では株式総会の場面、アメリカンプレジデントではネガティブキャンペーンの場面)をする場面があるのですが、両方のスピーチはついに全文を覚えてしまいました。鏡の前で一緒に真似してスピーチするのです。目線、手振り身振りも真似して(もっと危ない人に見えたかも)。

映画で英語を覚える利点は英語のリズムが身に付くことです。どこを強調しどこをさらりと流すか、というリズムがあると英語は上手く聞こえるものです。

いろいろなやり方があると思いますが、どれも「繰り返し身体で覚えるところまで徹底的にやる」ことだと思います。高校時代に1年間だけアメリカに交換留学していましたが、それが今の英語力に影響しているかといえば何とも言えません。仕事で使えるレベルの英語ではなかったと思います。価値観や物事の考え方では影響を受けましたが、英語は日本にいても身につけようと思えばできると思います。実際そういう人を何人も見ています。できないのはできないと思い込んでいるから。

先日、こちらのテレビでバス・マニアの若者の取材番組を見ました(飛行機じゃないですよ、バス、バス。普通の路線バスです)。彼らはシンガポール中の路線を徹底的に覚えて、バス車体の年代モデルが全て頭に入っている。いわゆるオタクなんです。徹底しています。人がなんと思おうとも四六時中バスのことを考えている。暇さえあればバス路線ディレクトリーをめくっている。

対象は何であっても極めるには一時期オタクになりきことが必要なのかも...

英語ってある程度のレベルまでいくと、そこからは自動的にボキャブラリーも増えていくし覚えもよくなっていくので、まずはオタクになって徹底的にやっつけちゃってくださいね。

☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆
完全無料でご相談を承ります。

1年以上
前回からの続きでいきますね。
1999年の前半に長期の東京出張を命じられました。実際には8ヶ月程度でシンガポール本社に戻ったのですが、当初は最長1年の予定だったのです。

アジアの経済危機の時代で景気が悪くなることの不安はありましたが、不動産市場が下落してどうにかひとりでコンドミニアムを丸々一戸借りられるという嬉しい時期でもあったのです。

せっかく手に入った「丸々一戸」の暮らしを手放すことに抵抗はあったのですが、とにかく湿気の多いこの国で何ヶ月もエアコンを使わずに部屋を放置するなど考えられない。帰ってきた頃にはクローゼットの中がカビだらけになっているかも...それに何より住んでいない部屋に大枚を払うなんて!いくら安くなったからと言っても一戸丸々借りれば間借りしているより高くつきます。

そんなときに当時の同僚の日本人女性が「じゃあ、うちに来ない?大きな家の一間を借りてるんだけどマスターベッドルームが空いてるのよ」と嬉しい情報。

早速次の週末に出かけてみるとそれはUpper East Coast Roadのさらに先、East Woodと呼ばれる住宅地にありました。でもバス停まで徒歩2分。バスに乗ってしまえば乗り換えなしでシティホールの勤務先まで30分ぐらいで着きます。シンガポールは朝晩のラッシュアワーには一般車はバスレーンに進入してはならないという規則があるので、乗用車よりバスのほうがスイスイ進んだりするのです。

二連長屋のような作りですが、一戸一戸が巨大。玄関を入ると30畳ぐらいのリビング、階段を上った中二階にその部屋はありましたが、実はマスターベッドルームと呼ばれる主寝室はそのさらに上の階だったのですね。そこにはジャグジーつきのバスがあって大家さんご夫妻が暮らしていました。私のいるフロアは所謂中二階で他の部屋はなし。階段の踊り場にあるドアを開けるとその部屋につながっていました。

ドアをあけると15畳ぐらいのかなり広い部屋。右奥にバスタブと独立したシャワーブースがあり、バスルームの前の壁一面が収納です。今では1500ドルぐらいはかかるのでしょうか。当時は公共料金込みで700ドルでした。

私の同僚はそのさらに2階上の階の少し小さめ(それでも8畳以上は充分にある)の部屋に暮らしていました。最初は私の部屋にいたそうですが、シンプルライフの彼女は小さい方が落ち着く(本音は掃除も楽!)、だから家賃もその分安くして欲しいと交渉したそうです。

私は結局その部屋に引越し、大家さんのお人柄が信頼できそうだったので、不在のときには鍵を開けて週1回エアコンを1時間ぐらいかけて除湿してもらうことをお願いして出張先に戻りました。その後は2ヶ月に一回ぐらいシンガポールに戻って数日本社で働いたらまた東京に出張するという生活を続けていました。

ホームステイみたいに見えますが、実際には大家さん家族とはほとんど接触なし。門限もないし、居ようが居るまいがお構いなしという様子でした。洗濯だけは階下の大家さんの洗濯機を借りていましたが、バスルームが広いのでそこに干していましたね。キッチンは使えませんでしたが冷蔵庫は同僚の彼女と私で一段貰っていました。でも、手頃に外食できるし、部屋に湯沸しポットだけ置いておけば特に困りませんでしたね。

よく、大家さんや他の入居者がいることで抵抗があると言われるのですが、こちらの暮らしでは割と当たり前のことです。特に今のような家賃の高い時期は、フラットシェアをしたり大家さん同居の住宅の一間を借りたりしたほうが賢明でしょう。玄関と自室の鍵を渡され、あとは勝手にどうぞ、という感じです。同じ屋根の下に住んでいる同僚とも会ったり会わなかったり。朝もお互い自分の時間で出勤しますから、たまにバス停で会って「あれ、戻っていたの?」と言われたり。

不動産市場は高騰しているのはほんの一時期で低迷している時期の方が長いのです。
前回お話ししたように、礼金もなく敷金も1ヶ月(たいてい全額返金されます)、引越し屋さんも安いのですから、再び家賃が下がる時期が来たら積極的に動くぐらいの柔軟な考えでいったほうがストレスにならないと思います。




☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆完全無料でご相談を承ります。


1年以上
「12年間に6回の引越しをしている」と言うと引越し魔のように思われますね。あっ、別に夜逃げの必要があったわけではないんですよ(こんな狭い国土で夜逃げもないですから)。

これはもう単純に不動産市場の動向を見ながら、「同じ予算でも市場が下がればもっと環境の良いところに」。 また、最初に入った会社で半年以上の長期出張で東京に滞在した際は「住んでないのに高い家賃を払うのは惜しいから、もっと安いところに」、を繰り返した結果なのです。

日本だったら礼金が家賃の2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1ヶ月分かかりますから、そんなに引っ越したら大赤字です。引越し屋さんに払うお金もかかります。でも、ここでは手間さえいとわなければ大丈夫なのです。

まず、礼金は存在しません。敷金(デポジット)は通常1ヶ月分です。これは部屋にダメージを与えてそのまま逃げてしまう入居者がいる可能性もありますから、大家さんとしても当然の防衛手段ですよね。 で、仲介手数料。これはかつては全額大家さんの負担でした。今は家賃2500ドル未満の物件に関して不動産会社の仲介を経た場合、1ヶ月分の仲介手数料を大家さんと入居者で半額づつ負担します。そもそも入居者という、家賃を払ってくれるお客さんを探してもらうのに、なぜその入居者が手数料を負担しなければならないのかは疑問でしたから、こちらのシステムにはすっきりと納得しました。

そしてこちらは大半の物件が家具・家電製品つきなのです。ですから選択に余裕があるときは、この点もチェックして物件を選ぶことになります。カーテン、ベッド、クローゼット、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵後、電子レンジ、基本的な食器、調理器具などたいていのものは既に備え付けてあります。好みのベッドシーツとタオルさえ買えば、とりあえず生活は開始できます。

引越し屋さんはこれは千差万別。シンガポール人は国内引越しであればトラックを借りて自分でしているようです。こうした時に割と気軽に「手伝ってよ」と頼める社会のようで、親戚や友達が借り出されることもよくあります。私も同僚の引越しは何度か手伝わされました。実際に力仕事をやったり掃除を担当したり。あっ、作業中に犬を預かってくれと言われたこともありますね(無類の犬好きですから)。

私はそういう部分は日本人的なのか、せっかくの休日に友人に申し訳ないし、自分のプライベートな品をあれこれ見られるのもなんとなく嫌だったので、ローカルの業者さんにお願いしました。私がお願いしたところはかなりやり方は荒っぽかったものの、かなりの分量でも300ドルぐらいでした。

最初の2人のシェアメイト(同居人)と1年半生活して、少し生活に余裕が出てきたので2年目の終わりに初めて一人でコンドミニアムを一戸借りました。築4年ぐらいのイーストコーストにある物件で、引っ越した夜にひとりで夜空を見ながら敷地内のプールで泳いだ時は嬉しかったですね。こちらのコンドミニアムにはプール、テニスコート、フィットネスジムなどがついていることが多く、住人は無料で使えます。あと、門番として24時間、セキュリティガードがいることが多いのも安心ですね。

1997年。アジアの景気が下り坂になり、それまでの家賃相場ががくっと下がった時でした。(次回に続く)

☆海外での就職・転職のご相談はプライムサーチインターナショナルまで☆完全無料でご相談を承ります。

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

作者:Chiaki Kawamura

国際都市シンガポールで暮らすコンサルタントの異文化日記

アジアの玄関シンガポールに暮らして早10年。海外就職、リストラ、海外転職、日本(逆)駐在の波乱万丈を乗り越えて、シンガポールに人材サーチ会社を設立。夢は大きくワールドワイド。世界に羽ばたくチャレンジャーのために。そんな日本人女性経営者の異文化日記。

7日 15 総合 3494 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Chiaki Kawamuraさん新着記事



過去記事

Chiaki Kawamuraさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 パソコン・アイフォン修理専門店のスタッフブログ
2位 ジイとワンコとマーライオンと
3位 Lilyのお茶時間inSingapore
4位 シンガポールの素顔
5位 100%シンガポールライフ (旅行と写真) Singapore life
6位 シンガポールでヘアスタイリスト
7位 えちごや日記@シンガポール
8位 ☆もうさんの星星見聞録☆


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録