Welcome!

アルビS 海の向こう側での挑戦。

リストに戻る

218日前
Sリーグ第20節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。 シンガポールカップ準決勝を挟んで1ヶ月ぶりの再開となるリーグ戦。 アルビSは5試合を残して勝点44(14勝2分3敗)の首位、2位のタンピネス・ローバーズとの勝ち点差は4となっている。 残り5試合で3勝を挙げれば自力でのSリーグ初制覇が決まるが、まずは1試合1試合集中して目の前の戦いに挑みたい。 アルビSは今節も3-4-2-1のシステムを採用。 GKはシンガポールカップ準決勝で無失点勝利に貢献したGK笠川永太がリーグ戦今季初の先発出場。 DFラインは右からDF代田敦資、DF藤原賢土、山田幹也の3枚。 両サイドは右にFW鎌田啓義、左にはDF田中脩史。 中盤、2ボランチはMF稲葉修土とMF長崎健人。 前線の3枚にはMF地頭薗雅弥、MF石山大地、そしてFW三根和起が1トップの位置に入る。 なお、DF免田朋己とFW河田篤秀は累積警告のため出場停止となっている。 対戦相手のゲイラン・インターナショナルは勝点28(7勝7分6敗)の5位。 リーグ優勝の可能性はなくなったものの3位以上でリーグ戦を終えることで来季のAFCカップへの出場権を得られる可能性もあるだけにモチベーションは高い。 アルビS卒業生のDF市川祐樹を中心とした守備陣を攻略したい。 今季過去5度の対戦ではアルビSの2勝2分1敗と勝ち越してはいるもののいずれも難しい試合となっている。 4月より人工芝へと生まれ変わったジュロンイーストスタジアムでは公式戦11戦11勝と全勝中であるだけに、このジュロンイーストスタジアム最終戦もサポーターと共に勝利で飾り、悲願のリーグ初制覇へと前進したい! ■Starting Members■ 《スターティングメンバー》 1 笠川永太 Eita KASAGAWA 2 山田幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原賢土 Kento FUJIHARA 4 代田敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉修土 Shuto INABA 8 地頭薗雅弥 Masaya ZITOZONO(20 熊田瑠偉 Rui KUMADA 71’) 10 長崎健人 Kento NAGASAKI 14 石山大地 Daichi ISHIYAMA (11 乾達朗 Tatsuro INUI 86’) 9 三根和起 Kazuki MINE 18 鎌田啓義 Hiroyoshi KAMATA 《前半開始》 5分、長崎の浮き球パスに抜け出した石山が左サイドを突破、オーバーラップした田中に送ると左足で中央へ送るが三根には合わない。 10分、相手の左からのCKに合わせた市川にヘディングシュートを許すが笠川が落ち着いてキャッチ。 17分、田中が左サイドを強引に突破するがクロスは相手DFに阻まれてしまう。 18分、左サイドからのCK、長崎のクロスに三根が飛び込むが枠をとらえることができない。 23分、長崎の強烈なミドルシュートをGKが弾いたところに三根が走り込んだがわずかに間に合わずキャッチされてしまう。 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 23分、地頭薗の強烈なミドルシュートは相手GKのファインセーブで弾き出されてしまう。 8 地頭薗 雅弥 Masaya JITOZONO 24分、左サイドからのCK、長崎のクロスをファーサイドで代田が折り返すと石山がシュートするがゴール直前で相手DFにクリアされてしまう。 14 石山 大地 Daichi ISHIYAMA 28分、ロングボールから裏へ抜けられるが相手のシュートは枠を越え、ピンチを免れる。 31分、田中のアーリークロスに三根が飛び込むがシュートは枠の左に逸れてしまう。 43分、鎌田が右サイドから左足で中央へ送ると飛び込んだ田中がヘディングシュート、決まったかと思われたがわずかにゴール左へ逸れてしまう。 18 鎌田 啓義 Hiroyoshi KAMATA 《前半終了》 ハーフタイム、レディースチアによるパフォーマンス! 《後半開始》 58分、右サイドで相手にFKを与えファーサイドで合わせられるが、笠川がしっかりとキャッチする。 67分、左サイドでFKを与えるとファーサイドで折り返されたところから中央でシュート許してしまう。冷やりとしたが相手のシュートは僅かにゴール左へ外れて事なきを得る。 71分、【交代】8 地頭薗雅弥 → 20 熊田瑠偉 75分、左サイド田中が右足でクロスを送るとファーサイドから飛び込んだ熊田が強烈なヘディングシュート。 この試合最大の決定機だったが相手GKのファインセーブに防がれてしまう。 20 熊田 瑠偉 Rui KUMADA 76分、長崎のCKにファーサイドで代田がヘディングで合わせてゴール!アルビSが待望の先制点をあげる!! 86分、【交代】14 石山大地 → 11 乾達朗 87分、右サイドから切り込まれると強烈なミドルシュートを許してしまうが、笠川が抜群の反応で弾き出す。 1 笠川 永太 Eita KASAGAWA 《試合終了》 2 山田 幹也 Mikiya YAMADA 3 藤原 賢土 Kento FUJIHARA 4 代田 敦資 Atsushi SHIROTA 5 田中 脩史 Naofumi TANAKA 6 稲葉 修土 Shuto INABA 9 三根 和起 Kazuki MINE 10 長崎 健人 Kento NAGASAKI 市川 祐樹 Yuki ICHIKAWA 今季全勝中のジュロンイーストスタジアムでの最終戦を飾る! ジュロンイーストスタジアム最終戦、鳴尾監督よりサポーターの皆さまへご挨拶をさせていただきました! 【Full time score】 Albirex Niigata FC(S) 1 Geylang International FC 0 ■数量限定!!  リーグカップ2連覇記念Tシャツ!! ■好評販売中!!  2016カップユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016ホームユニフォーム!! ■好評販売中!!  2016アウェイユニフォーム!! ■クラブ初の公式アンセム「You Can Do It.」好評発売中!  Official Anthem “You Can Do It.” featuring by Sisay!! is now available on iTunes!!  http://itunes.apple.com/album/id888053196 ■Albirex.S facebook 写真や情報満載!アルビS Facebook http://www.facebook.com/ANFCS

コメント

アルビS 海の向こう側での挑戦。

作者:アルビレックス新潟シンガポール

アルビS 海の向こう側での挑戦。

2004年からシンガポールのプロサッカーリーグ・Sリーグに参戦している、アルビレックス新潟シンガポール。夢と現実の厳しさと葛藤しながら、それでも夢を追いかける選手とチームの熱い想い。共に夢を追いかけるフロントスタッフが、現地での選手の生活やサッカー情報、そしてシンガポールの見所などを紹介していきます。http://www.albirex.com.sg/

7日 737 総合 9069 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



アルビレックス新潟シンガポールさん新着記事



過去記事

アルビレックス新潟シンガポールさんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 アルビS 海の向こう側での挑戦。
2位 ルームメイトは外国人inシンガポール 
3位 シンガポール単身赴任日記
4位 みっちぃの至福のひととき  時々 シンガポール日記
5位 Yuma Tejima 「Inspirational Life Style」- 手嶋 翼真 -
6位 南の島のステロッフェ ~シンガポール便り~
7位 シンガポールの素顔
8位 My Favourite Things


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録