Welcome!

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

リストに戻る

1年以上


春節前に、スーパーが激混みするのは恒例行事。

今年は、例年に比べて、異様に静かな春節だったのだが、
それでも、大晦日までのシンガポールは、食材を買い求めるジモティーで隣近所のローカルスーパーは激混みだった。

もちろん、皆さん、大晦日・正月三が日中に親戚縁者と囲む食卓用の材料を揃えることが主な目的だったのだが、、、
シンガポーリアンによる、大晦日までの食料”爆買い”には、もう一つの理由がある。

⬇︎の写真をごらんください・・。陳列棚ガラガラ~ (・_・;)


{03292668-2745-4EA7-A5AD-68EA0443AA4B:01}


はい、そうなんです。
食料品を外国からの輸入に頼るシンガポールは、春節中は食糧難に陥る・・∑(゚Д゚)
特に近隣諸国からの直送食材が多いウェットマーケット、一週間近くクローズ。

シンガポールだけではなく、アジア全域では旧正月を祝う国がほとんど。(生鮮食料品を含めた)生産ラインも長い休暇を取る。一族郎等で経営している企業や店舗ほど顕著。加えて、そこで雇用されている多くの外国人(例:マレーシアから働きに来ている人たちなど)も、この期間中里帰りする。生産がストップするのだから、物も流れない。つまり、店舗は開いていても、陳列棚は、物があっても無きに等しい状態となる・・。特に野菜は壊滅的。物はあれど、買う気にならないようなショボい野菜や果物ばかり。
ということは、店舗は開いていても物がない=この時期のレストランも期待できない…という解釈に至る。

ということで、毎年、春節直前のスーパーでは、一週間から10日間の食料保確保するべく、鮮度の高い生鮮食料品を求めて人が殺到するのである。需要と供給の関係で、インフレのこの時期起こる。(でも、言っとくけれど、今年は例年に比べて、すご~く静かだった)。

私も春節前は、鮮度が良く、持ちの良い野菜を求めて、近所のスーパーに何度も足を運んだ。

三週間くらい楽勝でもつ葉物の白菜やキャベツ、根菜のじゃがいも・玉ねぎ・大根、
自宅で加工保存できるトマトやほうれん草、バキュームパックのキノコ類とコールドカット、冷凍保存できる肉類と魚介類などなど・・。

私は自宅の分だけですむが、お客様の多い主人の本家などは、この日のために冷蔵庫とは別に大型冷凍庫が存在するような物である。

特に大晦日などは一族郎等100人近くで一斉にスチームボート(鍋料理)と雀卓を囲む。これを取り仕切るシンガポールの主婦もお正月は大変なのだ。

そんなシンガポールも、やっと物が動き出したらしく、昨日あたりから、新鮮な野菜が少し出回り始めた。

いくら調理して冷凍保存していたとはいえ、野菜もそろそろ底をつきかけ、豆腐や海藻などで誤魔化しもしていたので、大いに助かった。

日頃は気がつかないけれど、春節のこの季節は、決まって「シンガポールの食料は、多くの人の手を隔てて運ばれてくる。」というのを思い出し、彼らに感謝の念を感じる時期でもある。




にほんブログ村

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

作者:auntie88

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

Auntieとはシングリッシュで”おばさん”の意。シンガポールに住み始めて30年。現地化したおばちゃんが綴るディープなシンガポール情報。時々、黒いオバちゃんも登場しますが、更年期と思ってそっとしておいてね。

7日 23 総合 413 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



auntie88さん新着記事



過去記事

auntie88さんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Jennyと世界へ
2位 makan already? ~シンガポール駐在日記~
3位 Masako Life style
4位 花のある生活  La vie avec les fleurs
5位 シンガポール情報屋(生活・観光・留学+求人掲示板)
6位 はえくんの冒険 英語で話そう
7位 My Favourite Things
8位 100%シンガポールライフ (旅行と写真) Singapore life


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録