Welcome!

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

リストに戻る

1年以上



シンガポールは、昨日が仕事納めで、多くの企業は半ドンでした。

と言っても、春節はアジア圏に於いては年に一度の大イベント。
ほとんどの人が(夫と同じように??)、今朝は早くから仕事なぞ放り出し、老いも若きもスマホ片手に家族や友人と買い出しや掃除、食事会のスケジュール調整に余念が無かったと思います(笑)。

昨日あたりからローカルのスーパーマーケットは混雑始まってますね~。と言っても、景気の影響か、通年の勢いはないような、、、。

シンガポールでは、スーパーが閉まるのは正月当日の2月8日のみですが、シンガポールに生鮮食料品を輸出している近隣諸国も全て正月休みに突入する為、食料品の買い置きをするのが常識。日頃からテンションの高いシンガポール人ですが、この数日のスーパーでは買い物客は殺気立つ、、はず、、なのです。。
が(!!??)、今年はなんだか静か!! 一体どうした?

売り手も年に一度の掻き入れ時なので、ほとんどのローカルスーパーは朝8時から深夜12時まで営業。場所によっては24時間フル営業しているようです。ただし、それも大晦日(2月7日)まで。大晦日は、ほとんどのお店が夕方には閉店します。

日本の大晦日は年越しソバがお約束ですが、シンガポールの大晦日は親族一同会して
「スチームボートを囲みます。

※Google画像より

スチームボートとは「鍋」のことです。
出汁や食材は家によって違いますが、多くはクxxルのチキンとかトムヤムクンのキューブ。食材はお肉に魚介類、フィッシュボールと呼ばれる練物、豆腐、白菜にえのきなどの野菜などなど・・。最近は中国風火鍋や日本のシャブシャブも人気です。

大人数で鍋を賑やかに囲んだ後は、大人は雀卓に向かい、子供は紅包(ホンパオ)と呼ばれるお年玉を手に大はしゃぎ。(因みに、最近のホンパオの中身はS$8~S$12が相場だそうです。)

夜がふけても、何時までも麻雀の音と子供の嬌声が絶えないのがシンガポールの大晦日です。



にほんブログ村

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

作者:auntie88

アンティと呼ばれて30年@シンガポール

Auntieとはシングリッシュで”おばさん”の意。シンガポールに住み始めて30年。現地化したおばちゃんが綴るディープなシンガポール情報。時々、黒いオバちゃんも登場しますが、更年期と思ってそっとしておいてね。

7日 23 総合 413 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



auntie88さん新着記事



過去記事

auntie88さんへの新着コメント




シンガポールブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Jennyと世界へ
2位 makan already? ~シンガポール駐在日記~
3位 Masako Life style
4位 花のある生活  La vie avec les fleurs
5位 シンガポール情報屋(生活・観光・留学+求人掲示板)
6位 はえくんの冒険 英語で話そう
7位 My Favourite Things
8位 100%シンガポールライフ (旅行と写真) Singapore life


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?シンガポールでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録